BLOG 実用

【ブログに疲れた】集中力を上げ記事をサクサクを書く方法

疲れた

黙々とPCの前に座っての執筆活動。物凄く疲れますよね。

 

私は特に目が弱い人間なので、PCでの作業自体向いていないと思うのですが、ブログを書くことは好きなので、「なんとか疲れを最小限に抑えつつより効率的に執筆活動ができないものか、、」と色々と考えてきました。

 

そして、ようやく心身に負担を掛けずに執筆活動を継続していく方法が見えてきたので、ここでシェアしたいと思います。

 

この記事を書いている人

ブログ歴:3ヶ月

投稿記事数:約100記事

 

こんな方におすすめ

  • 目が疲れやすい
  • 頭痛持ち
  • 執筆活動で心が病みはじめている
  • 思うようなアクセスが得られず挫けそう
  • 気分が乗っている時はスラスラ書けるけど、そうでない時は書くことが苦行だ

 

この記事を読むことによって、そんな方でも、爽快な気分で挫折することなく執筆活動を継続していくことができるようになります。

スポンサーリンク

 

ブログに疲れる原因は「作業時間」|人間の集中力の持続時間は短い

人間の集中力は意外と短いものです。それが、「没頭するほどに大好きなこと」であるならば別ですが、「気乗りしないけどやらなきゃいけないこと」に関しては、数分でも耐えられません。

 

実際に、ある研究によると、本当の意味で人が集中できる時間はたったの15分程度なんだそうです。そして、それ以上継続しても少しずつ集中力は低下していくので、疲労はどんどん溜まっていきます。

 

疲労を「お皿の汚れ」で例えるとわかりやすいです。

例えば、あなたがカレーを食べ終わった後、そこに残されたお皿やスプーンは汚れているわけですが、それをすぐさま洗えばあっという間にきれいにできます。

 

しかし、その汚れている状態が長く続けば続くほど、その汚れを落とすための時間や労力はどんどん増していくでしょう。

 

疲れもそれと同じです。

 

ほんの少しの疲れであれば、あっという間に解消できますが、一度疲れが極限までたまってしまうと、その解消のためにより多くの時間が必要になってしまうのです。

 

ですから、健全な執筆活動を継続していくためには、小まめに疲労を解消してあげるのがベストだと言えます。

 

ブログに疲れないように「書き途中でも切り上げる」

stop

人間、ついつい気分が乗っている時はその作業に没頭し続けてしまうものです。執筆する時なんかもまさにそうですね。

 

しかし、ブログ運営を長期的に見たときにはやはり、「どれだけコンスタントに書けるか」が重要になります。

 

その、コンスタントさを手に入れるためには、執筆する時はどんなに乗っていてもある程度の時間で切り上げてしまう、というのがおすすめです。

 

こうすることで、肉体が知らぬ間に疲労してしまうのを防げます。

 

人間、夢中になっている時は、自分の疲れに気付けません。

 

せっかく波に乗っているのに途中で切り上げるのは、なんだかもったいないような気がするかもしれませんが、そうして心身の疲労を防ぐことによって、どんな時でも安定的にサクサク書けるようになるので、結果的により効率的なブログ運営ができるようになります。

 

ブログ疲れを防ぐための道具|タイマーで測って作業する

timer

執筆に夢中になっていると、ついつい時を忘れて長時間の作業になってしまいますので、それを途中で切り上げるために道具の力を借ります。

 

そこで使うのがタイマー

 

今はスマホがあるので、それを使ってもいいでしょうし、別でキッチンタイマーなどを用意しても良いでしょう。

 

ヌンヌン
100均でも売ってますが、すぐに壊れるので、あまりおすすめしません。笑

 

「ブログに疲れた」とならないために、他の分野にも手を出す

multi task

例えば、執筆のために20分集中し、そのあとはぼーっと休憩、でもいいのですが、せっかくなのでより効率的にしましょう。

 

人間、多種多様なスキルを持っていた方が、当然それらが強力な武器となり、自分の人生を支えてくれます。

 

そういった意味でも、執筆活動の合間合間に、全く違う分野の学習や、スキルアップを図るのが効率的です。

 

例えば、執筆 → 楽器の練習 → 語学学習 → 読書、、 といった感じです。

 

そうすることで、一つ一つの作業が休憩の役割も担うようになり、心身を過剰に疲労させることなく、一日の貴重な時間をフルに活用できるようになります。

 

これは、私も実践している方法ですが、とても素晴らしい効果がありますのでおすすめです。

 

SNSやGoogleアナリティクスは決めた時間のみチェックする

分析

ブログを運営するからには、自分の書いた記事がどのような評価を受けているのかは気になるところだと思います。

 

アクセスがどれくらい来ているのかをチェックするためにGoogleアナリティクスを使うと思いますが、かなり詳細にデータが分かるので、ブログ初心者はついつい頻繁にチェックしてしまいがちです(私だけ?)

 

今現在何人の人がブログに訪問しているかだけではなく、どの国のどの地域の人なのか、そして、新規の人なのかリピーターさんなのか、、 といったことまで分かってしまうので、結構見てて面白かったりします。

 

しかし、そういった「ちょこちょこチェック」というものは、意外なほどに時間を奪われてしまうものです。そして、実はこれは時間の損失だけでなく、「脳のリソース」を奪うことにもつながるのです。

 

脳のリソースを奪う行為|SNSという魔物

SNS

脳のリソースを奪う原因として上げられるのが、アクセスチェック、そしてTwitter等のSNSです。

 

ブログだけではなく、TwitterなどのSNSへの投稿に対してどんな反応があったのか、どれくらい「いいね」が付いているのか、コメントやDMが来ているのかどうか、、

 

Twitterなんかをやっていると、反応が即座に返ってくるので、ついつい頻繁アプリをチェックしてしまいます。

 

しかし、本来やるべき作業の途中でそういったことに気を奪われてしまうと、我々のパフォーマンスは極端に低下します。

 

まさに本末転倒です。

 

ブログの運営にSNSをかけ合わせるのは確かに有効ですが、肝心の記事執筆に支障が出ては元も子もありません。

 

ですので、自分なりにある程度のルールを決めて利用するようにしましょう。

 

「SNSは決まった時間以外は見ない」というルールを作る

私自身、ブログ100記事を達成した直後からTwitterを開始しましたが、見事にそちらに脳のリソースを奪われまくりました(笑)

 

ここでは私が最近決めたルールをご紹介します。

 

私のルール

  1. Twitterは自分が決めた時間でのみ開く
  2. プッシュ通知をOFFにする
  3. Twitterを利用する時もタイマーで時間を計り、ヤリ過ぎ防止
  4. 作業途中に思いついたことは、メモだけ残してあとでツイート
  5. 返信等はなるべくまとめて行う

こんな感じのルールを決めて、「ちょこちょこ利用」を完全に廃止したところびっくりするくらい使える時間が増えました。

 

わたしのような無職ニートの場合、時間に余裕があり過ぎてメリハリをつけるのが非常に難しくなります。特に陥りやすい罠なので、みなさんもご注意下さい(笑)

 

スポンサーリンク

まとめ

さて、今回は挫折しがちなブログ等の執筆活動を、疲れずにサクサクとこなし、長期的に継続していくための方法についてお伝えしました。

 

この記事のまとめ

  • 人間の集中力MAXの持続時間は15分程度
  • 長時間の作業は疲労をためこむ原因になる
  • 疲労の蓄積を防ぐために、作業は決めた時間で切り上げる
  • すべての作業時にタイマーを活用する
  • 色々な分野に手を広げ、時間を細かく区切ってローテーション化する
  • アクセスチェックやSNSの頻回利用は脳のリソースを奪うので、チェックする時間を決める

 

本来、ブログを書くことは楽しいことです。

 

しかし、あまりそればかりに執着してしまうと、健康を害すばかりか、結果的にパフォーマンスの低下をまねき、効率も落ちていきます。

 

ぜひ、一つのことにのめり込み過ぎずに、上手に疲労を解消しながら取り組んでいってください。

 

ヌンヌン
最後までお読みいただきましてありがとうございました^_^

スポンサーリンク



-BLOG, 実用