BLOG メンタル

初心者がブログで書きたいことを書く重要性【すべて吐き出せ】

爆発
サムサム
ブログで稼ぐためには「自分が書きたいことを書いてはダメ」って聞いた。

正直、書きたいこといっぱいあるんだよなー。でも稼げないなら意味ないか。。

 

そんな方に読んでいただきたい記事です。

 

結論からお伝えします。

「書きたいことがある人はまず最初にそれを全部吐き出すべし」

 

「ブログで稼ぐ方法」を発信している方たちは、良かれと思って「書きたい事を書くな」とアドバイスしますが、「最短で稼ぐ方法」というものは時に人の心理を無視している場合が多く、それによって挫折率を高めている、という現実があります。

 

どんなに短時間で稼げる方法でも、あなたが進んで楽しんでやれる方法でなければ結局は続けられません。

 

この記事では、ブログ初心者はまず書きたいことを先に書くべき理由についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

初心者は真っ先にブログに書きたいことを書くべし

書く

ブログで稼ぐ上でいちばん大切なことはなんでしょうか?

 

それは「継続すること」です。当たり前ですね。カタチになる前にやめたら、元も子もありません。

 

ですから初心者が考えるべきはその1点に絞るのが無難です。

 

たとえ、「最短で効率的に稼げる方法」という情報があったとしても、それが「あなたが書きたくないこと」だったら継続は相当困難です。

 

初心者は稼ぐ云々の前に、書きたいことを書いて「ブログに慣れる」のが先決

「ブログ」と言っても、ただ文章を書けばいいわけではありません。プレーンな文書というカタチではなく、読みやすい記事を書かなくてはいけません。

 

そのためには、最低限度、WordPressの使い方、装飾の仕方などを身につけていく必要があります。

 

ですから、そういった「ブログを書く基本的な技術」をストレスなく身に付けるために、まずは書く作業自体にフォーカスすべきであり、最初から内容やマネタイズ云々にこだわるべきではないのです。

 

あれもこれもと考えていたら、やること、考える事が多すぎて、作業負担が大きくなり過ぎてしまいます。

 

書きたいことを書くことでブログの習慣化が容易になる

「あなたが書きたいこと」ということは、恐らく前提となる知識や経験、独自の考えがあるはずです。

 

その場合、記事内容に関してはリサーチする必要がないので、ひたすら「ブログの書き方」を学ぶことに集中できます。

 

書きたい事が多い人は、まずネタに困ることはないはずなので、作業負担が軽く習慣化が容易だと思います。

 

キーワード選定だけはやって、あとはご自由に

キーワード

書きたい事を書くだけでもいいのですが、とりあえず、キーワード選定だけはやっておいた方が良いです。

 

ツールを使って、あなたの書きたいことに関する、3語程度のロングテールキーワードを見つけ、タイトルに含めます。

 

ヌンヌン
『ロングテールキーワード』とは、例えば「ブログ」という一つの単語だけでなく、「ブログ 書く めんどくさい」のように3つ以上の単語が組み合わさったもののことを言います!

 

その際、検索ボリューム(月間検索回数)もチェックし、月間10~1000程度のものを選ぶと良いでしょう。

 

検索ボリュームが大きすぎると、ライバルが強すぎて、検索上位に入るまでに時間がかかり過ぎます。(下手したら、永遠に入れないかも?)

 

あなたの書きたい事がどんなものであれ、少し探せば、検索需要のあるキーワードを見つけられるはずです。世の中には色んな人がいますので。

 

書きたいことを書いて、欲求を吐き出しておくことが大事

落ち着く

この記事で一番お伝えしたいことは、実はこれかもしれません。

 

人間、やりたい、と思うことは溜め込まずにやりきってしまう方が後々良かったりします。

 

ブログも、書きたいことがあるなら、それが例え「稼げない分野」であっても、満足するまで書いた方が良いのです。

 

例えるなら、若い頃に散々遊び倒した人間は、その後真っ当になり、誠実に仕事に打ち込むことが出来るようになる、という感じです。

 

遊んだ経験の無い人間が、その欲求を溜め込んでおけば、仕事に集中できないばかりか、あとで爆発する可能性すらあります。

 

ですから、ブログも我慢せずに、「最初に書きたいことを書きまくる」というプロセスを経ておくことが、後々のためにも重要になってくるわけです。

 

現に私も、これまで90記事程「自分が書きたいこと」を書いてきましたが、そのおかげで「書きたくないこと」も、それがPVアップに繋がるなら書いてみようかな、と少し思えるようになりました。

 

ブログというものは、どれかしらの記事が爆発しPVが集められると、他の記事も一緒に順位が上がります。

 

ですからわたしの場合は、「自分が本当に書きたくて書いた記事」を読んでもらうためのツールとして「書きたくないけどアクセスアップに繋がる記事」も書く、という風に考えて自分自身を行動させるようにしています。

 

心から書きたいことを書くことで、ブログが唯一無二となる

個性

これに関しては、結構先の話になってしまうかもしれませんが、成功されているブロガーさんには”根強いファン”が必ずいます。

 

そのような濃いファンを作るためには、ただ役立つ情報をくれる人、というのを超えて「自分の色」を出していく必要があります。

 

つまり、あなた独自の考えや、趣味嗜好もきっちりと打ち出していく必要があるのです。

 

そういった意味でも、ブログの中に「あなたらしい記事」つまり、「あなたが書きたいように書いた記事」をたくさん投稿しておくことは、後々大きなプラスになると言えるでしょう。

 

個人の時代の到来にむけて

個人

ネットというものがまだ怪しさ満載だった頃に比べて、今では老若男女、だれもがネットを信頼し、当たり前のように使うようになっています。

 

最近、ふと思ったのが、Google検索がだいぶ洗練されてきたなということ。検索上位に登場する記事は、大抵がキレイに作られた信頼性の高そうなものになっています。(以前は2ch系のものが上位に来ていた)

 

それはそれでもちろん素晴らしいことだと思いますが、逆に洗練され過ぎることによって、今後、「書き手の個性」が見えない記事が多くなっていくという可能性があります。

 

無駄を省き、検索者が求める答えを端的に伝える記事が良い記事とされているわけですから、そういった個性は邪魔なものと判断されるわけです。

 

しかし、そうなってくると、なんか寂しい気がしませんか?クセがなさすぎる、というか面白みに欠けるというか、、、

 

たしかに、今はそれでいいのかもしれませんが、AIがさらに進化すれば、そういった「ただの有益情報」の価値は下がっていくのではないかと私は思います。

 

人間らしい個性の無い「ただの便利な記事」はAIでも書けてしまうはずです。

 

となると、洗練されていて、便利で、有益な情報に慣れて飽き飽きしてしまった人間が次に求めるのは、間違いなく「人間臭さ」ではないかと思うのです。

 

文章の本当の力

パワー

文章というものには、ただの情報伝達以上の力があります。それは人の心を動かしたり、感動させたりする力です。その人それぞれの個性が滲み出た泥臭い文章こそ、人の心を動かします。

 

ただの有益で綺麗な記事ではものたりない、そんな時代が来た時、ただ効率的にお金を稼ぐ事だけを考えて情報を発信している人間は弱い。

 

ですから、「書きたいことを書いてはダメなんだ」と小さく縮こまるのではなく、まずは自分の色全開で書いてみてもいいのではないかと思います。

 

お金を稼ぐための記事は、ブログに慣れたあとでいくらでも書けばいいです。そして最終的に、有益な情報の中に「キラリと魅力的な個性が垣間見えるようなブログ」に仕上げていければいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

幼少期

どんな分野においても、「理論上の最適解」というものが存在します。

 

しかし、われわれはロボットではなく人間です。ただ効率を求めて、結果を出すことだけを考えていても、心を置き去りにしたままでは後々必ずそのしわ寄せがきます。

 

実際「最速で稼ぐ方法」というのは確かに存在するでしょうし、ただの「自己満ブログ」で稼ぐことは恐らく難しいでしょう。

 

しかし、それでもまず最初は「自分の思うように思いっきり文章を書くべき」なのではないか。

 

それで結果が出ないなら出ないでいい。

 

「自分で実際にやってみて確かめた答え」というものには、「人に言われた答え」とは全く違う価値があります。やってみてダメだった、というのであれば、自分でも納得できますしね。

 

文章を書くことは楽しいことです。

 

「ブログの正しい書き方」というものに縛られてストレスを感じている方は、試しに思う存分自分が書きたいように、自由に記事を書いてみてはいかがでしょうか?

 

 

ヌンヌン
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク



-BLOG, メンタル