当サイトは広告を含みます 心理学

心理学部はやめとけという意見がある理由とは?

 

心理学とは、人の心の動きや行動を学ぶ学問。多くの人々が「心理学部に入学することで、人の心を理解できるようになりたい」という夢を抱きます。

 

しかし、一方で「心理学部はやめとけ」という声も少なくありません。この記事では、その背景にある理由や実情について深掘りしていきます。

スポンサーリンク

1. なぜ心理学部に否定的な声が上がるのか?

社会的なイメージと実態のギャップ

 

多くの人々が心理学部には、人の心を読む能力やカウンセリングの技術など、魅力的なスキルが身につくイメージを持っています。

 

テレビドラマや映画では、心理学者が犯罪者のプロファイルを描くシーンなど、神秘的な側面が強調されがちです。

 

しかし、実際の心理学部のカリキュラムは、統計学や実験方法論など、厳密で学際的な内容が多いのが実情です。

 

このようなギャップにより、学部に入学してからのギャップを感じる学生が増えていると言われています。

 

就職におけるハードルの高さ

 

心理学部を卒業した後、直接関連する職種としてはカウンセラーや心理士などが考えられますが、これらの職種には資格が必要です。

 

そのため、学部卒業だけでは即座に関連する仕事に就けるわけではありません。

 

さらに、一般の企業での求人においても、心理学部出身者専用のものは少なく、多くの卒業生が一般的な職種を目指す中での競争が激しくなっています。

 

このような状況から、心理学部への就職難という印象が強まっているのです。

 

2. 心理学部のカリキュラムの実態

 幅広い学問領域: それが良いのか、悪いのか

 

心理学は非常に幅広い学問領域を持っています。発達心理学、臨床心理学、社会心理学、認知心理学など、多岐にわたる分野が存在します。

 

このため、学生は多様な知識を身につけることができます。しかし、これが必ずしも良いこととは限りません。

 

幅広い分野を学ぶことで、専門性が希薄になるとの指摘もあります。

 

特定の分野への深い知識や技術を求める学生にとっては、満足できるカリキュラムとは言えない場合もあるのです。

 

 実務的な技能との距離

 

心理学部で学ぶ理論的な内容と、現場で求められる実務的な技能との間には一定の距離があると言われています。

 

たとえば、学問としての心理学は、研究やデータ分析を中心に進められますが、実際のカウンセリングの現場では、人間関係の構築やコミュニケーション能力が重要になります。

 

このようなギャップを埋めるためには、学外での実習や研修が不可欠となり、学生自身の努力が求められるのです。

スポンサーリンク

3. 心理学部卒のキャリアパス

心理カウンセラーとしての道

 

心理学部を卒業した多くの学生が目指すのが、心理カウンセラーとしてのキャリアです。

 

この道を選ぶためには、多くの国や地域で資格取得が必要とされています。例えば、臨床心理士のような資格は、大学の修士課程の卒業と、一定の実習経験が要求される場合が多いです。

 

一方で、専門的な知識や技術を活かして人々のメンタルヘルスをサポートするこの職種は、多くの充実感や達成感を得られるものとなっています。

 

その他の職種への進路

 

心理学部の卒業生が就く職種は、カウンセラーだけではありません。

 

人事・研修担当者としての道、マーケティングや広告の分野で消費者の心理を読み解く役職、学校のカウンセラーや特別支援教育担当者など、様々なキャリアが考えられます。

 

また、大学院へ進学して研究者の道を目指す学生も少なくありません。心理学の知識は多岐にわたる産業や分野での応用が期待されるため、多様なキャリアパスが存在します。

4. 他学部との比較: メリット・デメリット

就職率、平均初任給の差

 

一般的に、心理学部の就職率や平均初任給は、他の学部、特に理工系や医学部に比べるとやや低めとされています。

 

これは、心理学部が一定の専門職以外の広い範囲の職種に適用可能である一方、特定の高給取りとなる職種が少ないためです。

 

しかし、給与だけが職の価値ではなく、多くの心理学部卒業生は彼らの専門知識を活かした仕事に大きな魅力を感じています。

 

学びの深さと広さ

 

心理学部は、その学びの内容が広範囲に及ぶため、多角的な視点から物事を捉える能力や異なる領域の知識を統合するスキルが身につきます。

 

一方、理工系や医学部などの他の学部では、特定の分野に深く特化した知識や技術が求められることが多いです。

 

どちらが良いかは一概には言えませんが、自分自身の興味やキャリアの方向性に応じて選ぶことが重要です。

created by Rinker
ノーブランド品
¥2,890 (2024/02/19 09:42:20時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

5. それでも心理学部を選ぶべき人の特徴

 心理学への熱い情熱

 

心理学部を選択し、その後の厳しいキャリアパスを乗り越えるためには、心理学に対する熱い情熱が必要です。

 

人の心の動きや行動の背後にある理由、人間関係の成り立ちやメンタルヘルスへの関心が強い人、そしてそれらの知識をもとに何らかの形で社会に貢献したいと考える人は、心理学部での学びが非常に充実するでしょう。情熱があるからこそ、多岐にわたる学問の中で自分の興味や専門分野を見つけ、深めていくことができます。

 

将来のビジョンとマッチするか

 

心理学部を選ぶ際の大切なポイントとして、自身の将来のビジョンと学部のカリキュラムや学びがマッチするかどうかを考えることが重要です。

 

例えば、具体的にカウンセリングの現場で働きたい、研究者として心理学の新たな理論を打ち立てたい、企業での人事戦略やマーケティングに関わる仕事をしたいなど、自分の将来の目指す方向性が明確であれば、それに合わせた学びを進めることができます。

 

逆に、未だビジョンが定まっていない場合でも、心理学部での学びを通して、自身の興味や適性を見つけるきっかけとして活用することも可能です。

まとめ

  1. 心理学部には社会的なイメージと実態のギャップが存在する。
  2. 就職活動においては一定のハードルが存在。
  3. しかし、熱意と明確なビジョンがあれば成功の道も開ける。
  4. 他学部と比較してのメリット・デメリットを理解することが大切。
  5. 最終的には、自身の情熱と将来のビジョンが心理学部とマッチするかを見極める必要がある。

 

 

スポンサーリンク



-心理学