当サイトは広告を含みます ヨガ

笑いヨガ(ラフターヨガ)のやり方|その医学的な効果は?

 

スポンサーリンク

笑いヨガの概要とその効果

https://youtu.be/CN1TKSrArtU

 

笑いヨガは、1995年にインドの医師であるマダン・カタリア博士によって創始され、世界中で人気が高まっています。

 

笑いの練習には、強制的な笑いと純粋な笑いの両方が含まれ、身体の自然なリラクゼーション反応を刺激するように設計されています。

 

笑いヨガの主な目的は、擬似的な笑いの練習とヨギーの呼吸法を通じて、人々がストレスを軽減し、全体的な幸福感を経験するのを助けることです。

 

偽の笑いや強制的な笑いでも、エンドルフィン産生の増加、ストレスホルモンの減少、循環と呼吸の改善、免疫システムの機能強化、精神の明瞭性と集中力の改善など、本物の笑いと同じ生物学的変化を引き起こすことが研究で明らかにされています。

 

以下がその例です。

 

ストレスレベルの低下

 

笑うことでコルチゾール(ストレスの原因となるホルモン)レベルを下げ、セロトニン(幸福の原因となるホルモン)を増加させることが研究で示されています。

 

これは、不安感や憂鬱感を軽減し、全体的な気分を向上させるのに役立ちます。

 

エネルギーを増加させる

 

笑いのエクササイズは、酸素摂取量を増加させ、一日を通してエネルギーレベルを向上させることができます。

 

これは、慢性疲労症候群や、身体的・精神的な病気による疲労に悩む人に特に有効です。

 

免疫力の向上

 

笑うとエンドルフィンが分泌され、免疫機能が高まるので、風邪やインフルエンザなどの病気を、笑わない場合よりも効果的に撃退することができます。

 

さらに、定期的にコメディクラスに参加することで、タバコの煙のような癌の原因となる物質に対する体の自然な防御システムを強化し、癌から身を守ることができるという研究結果もあります。

 

心臓血管の健康増進

 

笑いヨガの定期的な参加は、血圧レベルを下げ、高コレステロールや2型糖尿病の症状管理などの心臓血管系疾患の危険因子に関連する炎症マーカーを減少させることによって、心臓の健康を改善するかもしれないことを研究は示唆しています。

笑いヨガの期待される医学的な効果

 

笑いヨガは、笑いとヨガのような呼吸法を組み合わせたエクササイズの一種です。

 

精神的な健康や身体的な健康の向上など、多くの効果が期待できることから、ここ数年、人気が高まっています。

 

笑いヨガの最も大きな利点は、医学的な効果が期待できることです。

 

笑いヨガに関連する主要な期待される医療効果の1つは、心臓血管の健康の改善です。

 

笑いは、心拍数と血流を増加させることによって循環を促進し、コレステロール値を下げ、脳卒中や心臓発作の危険因子を減らすのに役立ちます。

 

さらに、笑うことで体の緊張した筋肉をリラックスさせ、全体的な筋肉の緊張を改善し、体の重要な臓器へのストレスを軽減することができるのです。

 

笑いヨガのもうひとつの大きな利点は、免疫力を高める効果があることです。

 

定期的に笑うことで、風邪やインフルエンザなどの感染症を撃退するのに重要な免疫グロブリンA(IgA)などの抗体のレベルが上昇することが研究で示されています。

 

また、笑うとエンドルフィン(気分が良くなるホルモン)が増加し、病気を撃退する免疫システムの効率をさらに高めることができます。

 

笑いヨガは、うつ病や不安障害などの精神的な問題にも効果があるかもしれません。

 

なぜなら、笑いヨガは、共通の活動をしている他の人たちとの社会的交流を通じて、ポジティブな感情を刺激するからです。

 

ポジティブな感情を刺激することで、うつ病や不安障害に関連するネガティブな思考や感情を和らげ、同時に他の参加者とのつながりを感じることができるため、メンタルヘルスを良好に保つ上で重要な要素となります。

 

就寝前に笑うと、眠りにつく前に体全体がリラックスして、より質の高い睡眠をとることができるという研究結果もあります。

 

これは、不眠症や慢性疲労症候群(CFS)に悩む人にとって、特に有益なことかもしれません。

スポンサーリンク

免疫力の向上

 

私たちが笑うと、エンドルフィンが血流に放出され、気分が良くなりリラックスできます。

 

また、感染症の原因となるバクテリアと戦うサイトカインと呼ばれる化学物質が放出され、免疫システムが刺激されます。

 

さらに、笑いは、ウイルスやその他の病気を撃退するのに重要なナチュラルキラー細胞のレベルを増加させるのに役立ちます。

 

さらに、笑いヨガの定期的な練習は、コルチゾールなどのストレスホルモンが引き起こす炎症を抑え、病気に対する身体の自然な防御システムを強化することが研究で示唆されています。

 

この抗炎症作用に加え、体全体の循環を改善し、修復や病気からの保護を必要とする細胞に必要な栄養素を直接供給することで、免疫力をさらに高めることが分かっています。

 

また、笑いヨガの定期的な練習は、脳内のセロトニン濃度を高め、気分を整え、幸福感やウェルビーイングを促進することが研究により明らかにされています。

 

笑いのセラピーは、そのインタラクティブな性質から、多くの人が他者とのつながりの感覚を向上させることに気づきます。

 

このようなアクティビティは、社会的なサークルの中での個人間の関係を強化し、全体としてより良い感情の健康を促進します。

 

笑いヨガのやり方

 

笑いヨガはどのように行うのでしょうか?

 

大きく分けて、「擬似笑い」と「呼吸法」の2つがあります。

 

笑いの練習は、笑う、口を大きく開ける、舌を出すなどの表情を作ることです。

 

そして、その表情に「ハッハッハ」「ホーホー」などの音をつけながら、部屋の中を動き回ります。

 

そうすることで、参加者の笑いを誘い、体の喜びやリラックス感をさらに高めることができるのです。

 

2つ目の要素は、運動や瞑想のセッションで細胞がよりよく機能するように、細胞に酸素を取り込むための呼吸法です。

 

まず、鼻から深く息を吸い、口から吐き出します。このとき、肩を耳に向かって上げるのではなく、お腹を膨らませるように意識します。

 

そうすることで、日常生活でのストレスや緊張で凝り固まった首の筋肉をほぐすことができます。

 

そして、このプロセスを数分間、体全体と心がリラックスするまで繰り返すだけです。

 

この2つの要素を10~15分ほど一緒に行った後、参加者は目を閉じて仰向けになり、リラクゼーションのために作られた音楽や誘導イメージの音声を聴きながら、リラックスタイムで終了します。

 

この時間には、あまり深く考えず、悩みをすべて吐き出すことが大切です。

 

笑いヨガは、深呼吸をしながらストレッチをすることで体の健康を保ち、リラックスするために意図的に笑うことで、精神的な健康ももたらします。

 

さあ、今日からあなたも笑いヨガを始めてみませんか?

 

スポンサーリンク



-ヨガ