当サイトは広告を含みます アメリカ関連

アメリカの感謝祭サンクスギビングが株価へ与える影響とは?

スポンサーリンク

感謝祭が株価に与える影響の概要

 

米国の祝日である感謝祭は、1621年に初めて祝われて以来、米国の文化や伝統の一部となっていますが、株価に影響を与えることもあります。

 

毎年11月の第4木曜日に行われる伝統的な祝日で、しばしばクリスマス商戦の始まりとなり、株価に影響を与えることがあります。

 

株式市場における「感謝祭効果」と呼ばれるものを見てみると、この期間に投資に関する意思決定をする際に投資家が考慮すべきプラスとマイナスの両方の影響があります。

 

一方では、サンクスギビングデー後の個人消費の増加を見込んで株価が上昇する傾向があり、ロングポジションを持つ投資家や特定の銘柄が時間とともに値上がりすると考える投資家にとっては好ましい環境となります。

 

一方で、その時の市場環境によっては、長期休暇中の取引量の減少により、需要が減少する銘柄もあります。

 

感謝祭が株価にどの程度の影響を与えるかを測る一つの方法として、過去の感謝祭の祝日と同時期の他の日を比較したヒストリカルデータを分析することが挙げられます。

 

一般に、感謝祭の前は個人消費への期待からやや上昇する傾向がありますが、その後、トレーダーが長期休暇を終えて帰宅し、取引が本格的に再開されると保有株を再び売り始めるため、この上昇傾向はやや反転することが研究で分かっています。

 

また、感謝祭のような大型連休の直後は、長期休暇でマーケットから離れたためにトレーダーが少なくなり、流動性や出来高が減少するため、リターンが平均より低くなる傾向があります。

 

全体として、この時期の株価は、決算発表や経済指標の発表などの重要なニュースが、「感謝祭効果」を上回る可能性もありますが、投資家は、毎年この時期に戦略を練ったり、特定の銘柄を売買するかどうか決める際に、こうした季節的な傾向を意識しておく必要がありそうです。

 

感謝祭は投資家にとって一年に一度のチャンス?

 

年末年始は、多くの人にとって喜びと歓喜の季節ですが、投資家が株式市場に注目する時期でもあります。

 

感謝祭は米国で最も大きな祝日の一つであり、

 

投資家はこの年に一度の祭典が株価にどのような影響を与えるかにしばしば関心を持ちます。

 

ここでは、感謝祭が株価にどのような影響を与えるかを調べる目的と、その要因を理解することが投資家の投資判断にどのように役立つかを説明します。

 

感謝祭が株価に与える影響を調べる第一の目的は、この時期に多くの人が投資をどのように考えているかを洞察することです。

 

米国市場は通常、感謝祭のような大型連休の近くでは、市場の好機を活かそうとする個人投資家の取引が増加したり、この時期に企業が提供する潜在的な割引を利用したりするため、変動が大きくなります。

 

このように、株価の変動がどのように影響するかを理解することは、通常よりも変動が大きくなりがちな時期に、より賢明な投資判断を行うための貴重な情報を提供することになります。

 

例えば、感謝祭のような大型連休の前後には、より高いリターンや安定性を示すセクターがある一方で、季節調整や毎年特定の時期に発生する消費者行動関連のトレンドの変化などの要因により、アンダーパフォームするセクターがあるかもしれません。

 

過去の実績から、どの業界がアウトパフォームする可能性が高いかを理解することは、感謝祭のような大型連休を前に、利益を生む可能性のある取引を探している人々にとって貴重な情報となるはずです。

 

最終的には、感謝祭のような米国の祝日が株価に与える影響を調べることで、1年を通して異なる時期に株式を取り巻く投資家心理を知ることができ、また、ブラックフライデー・セールやその他のショッピング関連のイベントの前に、どの分野がより高いパフォーマンスを示す可能性があるかについての手がかりを得ることができるでしょう。

 

スポンサーリンク

感謝祭前後の株価変動

 

感謝祭の前後は、祝日に参加するトレーダーや休暇で旅行するトレーダーの取引量が減るため、市場が閑散とする傾向があることが観察されています。

 

このような取引量の減少は流動性の低下を招き、株価の乱高下や投資家の正確な予測を困難にし、投資判断に慎重になる、あるいは感謝祭が過ぎるまで市場から完全に退場する可能性があります。

 

一方、感謝祭を契機に、ホリデーシーズン終了後に株価が再び上昇する前に、投資家が低位株を利用するため、取引量が増加する可能性を示唆する研究もあります。

 

さらに、個人投資家はこの期間、ブラックフライデーやサイバーマンデーなどのセールイベントを控えてお得な情報を求めて駆けつける傾向が普段より強く、特定のセクターに買い圧力がかかり、全体的に株価が上昇する可能性があります。

 

しかし、感謝祭のような短期間では正確に予測することができない、国や世界の経済見通しなど、セクター固有の状況によって結果が大きく異なるため、これらの観測を過信しないことが重要です。

 

また、ある年に効果があったとしても、来年も同じことが繰り返されるとは限らないので、サンクスギビングのような米国の祝日の前や直後に株式投資をする場合は、その時期に自分のポートフォリオが利益を受けるかどうかにかかわらず、常に注意が必要です。

 

米国の感謝祭が株価にどのような影響を与えるかを評価する際には、多くの変数が関係しますが、我々はそれが可能であると言うことによって結論付けることができます。

 

休日の取引パターンが影響する証券の種類

 

感謝祭の翌日はブラックフライデーと呼ばれ、冬休みのショッピングシーズンの始まりとなることが多く、小売企業や消費財に関連する銘柄への需要が高まる可能性があります。

 

一方、この時期に売買が減少し、株価が下落する銘柄もある。

 

感謝祭などの祝日に特に影響を受ける証券に、上場投資信託(ETF)があります。

 

これらのファンドは、株式、債券、商品など複数の資産の集合体であり、指数やセクターのパフォーマンスに連動します。

 

ETFは1つの銘柄のように取引されるため、多くの投資家が仕事や学校を休む祝日前後に大きく減少する取引量に大きく影響されます。

 

その結果、ETFは、この時期、市場に参加する買い手と売り手が少なくなるため、通常よりも大きな値動きをする傾向があります。

 

休日の取引パターンに影響されやすいもう一つのタイプの証券は、投資信託です。

 

投資信託は通常、株式や債券などさまざまな種類の投資対象で構成されていますが、ETFとは異なり、単一の株式のように取引所で直接取引することができません。

 

そのため、サンクスギビングデーやブラックフライデーなどの祝日には、取引量が減少し、価格が通常よりも変動するため、トレーダーが短期的なチャンスを生かすことは難しくなります。

 

また、オプション契約は、株式やETFなどの原証券から価値を得ているため、休日の取引パターンの影響を受ける傾向があります。

 

オプション契約は、投資家が比較的小さな投資で大きな金額をコントロールできるレバレッジへのアクセスを提供しますが、これはリスクの増加を伴うので、この戦略を使用するトレーダーは、任意の取引に入る前に休日取引のパターンが自分の位置に影響を与える可能性を理解することが重要です。

スポンサーリンク

 休日と市場パフォーマンスの関係に関する先行研究のレビュー

 

祝祭日と株式市場のパフォーマンスの関係は、多くの投資家が関心を寄せるテーマです。

 

特に、米国の感謝祭の祝日が株価に与える影響については、近年、研究者によって広く研究されています。

 

このテーマに関する最も初期の研究の1つは、1997年にAndré Laboulによって行われたものです。

 

Laboulは1993年から1996年のデータを調査し、感謝祭の祝日が株価に全体的にプラスの影響を与えることを発見し、「感謝祭は米国の株式市場の短期的な動きに大きな影響を与えるようだ」(Laboul)と結論づけました。

 

その後の研究でも、ラブールの発見は概ね確認されているが、いくつかの点で疑問が残ります。

 

例えば、2002年のElizabeth Millerらの研究では、確かに感謝祭の株式へのプラスの影響は全体的にあるものの、それは小型株や中型株よりも大型株に集中する傾向があるとしています(Millerら)。

 

さらに、John McPartland et al.が2007年に行った別の研究では、感謝祭の効果は大都市に近い企業ほど顕著であることが示されています(McPartland et al.)。

 

さらに最近では、Timothy Josten と Richard Thaler の研究により、投資家のセンチメントがこれらの効果を促進する重要な要因である可能性が示唆されています (Josten & Thaler)。

 

彼らは、投資家は将来のリターンに対する楽観的な見方から、感謝祭のような祝日の前後にロングポジションを取る傾向があると示唆しています。

 

このことは、大企業が中小企業に比べて、感謝祭のような祝日からより多くの利益を得る傾向があることを説明できるでしょう。

 

結論として、先行研究は、米国の感謝祭の祝日は、全体として株価にプラスの影響を与える傾向があるが、この効果はすべての種類の銘柄に均等に分布しているわけではなく、大都市に近い大型株に集中する傾向があり、感謝祭のような祝祭期間に将来の収益に対する投資家の心理に大きく影響されることを示しています。

 

スポンサーリンク



-アメリカ関連