BLOG メンタル 実用

歴3ヶ月の初心者がプロブロガーを目指す【ブログの戦略】

戦略

会社を辞めて書き始めたブログ。いつのまにか執筆した記事数も90記事を超え、100記事目前となりました。

 

ブログ開始当初、わたしが確かめたかった事。それが「自分にブログが継続できるか?」ということです。

 

何事もやってみないとわかりません。やってみて初めて「ああ、これは無理だ」とか「俺には向いてない」と理解できます。

 

そして、現時点で私が出した結論が「これはプロを目指すべきだ」というものです。

 

それは別に、「俺には才能があるんや!」という意味ではなく、わたしにとっては、ブログを書くという作業自体が苦にならず、楽しめることがわかったからです。

 

それも、「アクセスと収益がほぼ0であるにも関わらずそう思えている」というところがポイントでした。

 

そこで、これからプロブロガーを目指すにあたり、私が立てた「ブログ戦略」をここに書き残しておこうと思います。

 

 

歴3ヶ月の初心者がプロブロガーを目指す【ブログの戦略】

戦略

現時点でのわたしの「プロブロガーを目指すためのブログ戦略」は以下のようなものです。

ブログの戦略

  • 最初の3ヶ月はブログの習慣化のみにフォーカス
  • 100記事書いたらリライトを開始
  • PVが万単位になって初めてマネタイズを意識する
  • 実績を作りブランディングを強化していく

 

順番に解説していきます。

 

最初の3ヶ月はブログの習慣化のみにフォーカス

習慣化

ブログを書き始めた人の7~8割は、最初の3ヶ月すらも継続出来ない、というのはよく聞く話。

 

凡人丸出しの自分も当然その中に入ってしまう可能性がある、と考えた私は稼ぐとかPVを集めるとかいったことは置いておいて、まずブログを習慣化することにフォーカスしました。

 

この3ヶ月で見事それを達成できましたので、とりあえず第一関門突破といったところです。

 

書きたいことを書き、満足感を得ておく

なにかを習慣化させるためには、その行為自体の負荷を最小限に抑える必要があります。

 

よくビジネス系インフルエンサーが「ブログは書きたいことを書いてちゃダメだ!」と言いますが、そんなのはガン無視です。

 

あれもダメ、これもダメ、では縛りがキツすぎて挫折まっしぐらなのは目に見えています。

 

とにかく書きたいことがあるなら、思う存分それを書き尽くします。そして、それによって満足感が得られ、そこでようやく本来書くべき「誰かの役に立つ記事」というものを、落ち着いて書いていくことができるようになるからです。

 

※詳しくはこちらの記事に書いています

爆発
初心者がブログで書きたいことを書く重要性【すべて吐き出せ】

続きを見る

 

3ヶ月間で同時にやっておくべきこと

書きたいことを書きまくるのは、恐らく最初の3ヶ月間位で十分かなと思います。

 

ただ、その3ヶ月の間に最低限やっておいた方が良いことがあります。

 

それは以下の3つです。

  • データだけは収集しておく
  • 成功しているブログの写経
  • SEOなどブログの基礎知識には目を通しておく

 

データだけは収集しておく

最初はいちいちチェックしていても凹むだけなので見る必要はありませんが、Google AnalyticsとSearch Consoleだけは最低限登録しておきます。

 

後々、リライトする時などに、そのデータが必要になるからです。

 

成功しているブログの写経

ブログの写経はスポーツや音楽で言ったら、基礎トレーニングのようなものです。

 

楽器の練習で曲をコピーするのと同じように、すでに成功しているブログを書き写すことで、ブログの型を体に覚えさせます。

 

理屈も大事ですが、感覚的なものを磨くためにも、この写経は毎日のウォームアップがてらやっておくと、後々の自分を助けてくれる大きな力となるはずです。

 

※ブログの写経についてはこちらの記事をご覧ください。→ブログの写経は効果アリ|メリット多すぎなのでおすすめ

 

SEOなどブログの基礎知識には目を通しておく

SEO

ブログの基礎知識は、最初から無理にまとめて勉強するのではなく、自分の書きたいことを好きなように書きながら、日々ちょこちょこと目を通しておきます。

 

そうすることでだんだん、そこに出てくる専門用語などにも慣れてきて、少しずつ理解が進んでいきます。

 

そして、出来る範囲で自分のブログにもその手法を取り入れていくと良いでしょう。

 

とはいえ、最初の3ヶ月では、どんなにゴリゴリのSEOを実行したところで、その効果はたかが知れているので、期待せずに黙々とやってください。

 

100記事書いたらリライトを開始

ここまでは本当に勢いで良いです。新規ドメインの場合、どんなに凝った記事を書いても結果はほとんど変わりません。むしろ無駄に凝ってしまうことで数をこなせなくなることのほうが問題です。

 

さて、約3ヶ月間に渡って勢いよく100記事程度書いたら、Google AnalyticsとSearch Consoleのデータを分析していきます。

 

どんなキーワードで検索されているのか、クリック率はどの程度は、直帰率は、滞在時間は、、、

 

様々な角度からブログを分析していきます。そして、それを基にリライト作業に入っていきます。

 

読者目線で記事を加筆修正していく

最初の100記事は、独りよがりでもなんでも良いから書きたいように書くフェーズでしたが、ここからはニーズに答えることを意識して、記事を加筆修正していきます。

 

内容や文体はもちろんですが、特に大切なのが、Search Consoleの結果を分析し適切なキーワードを記事に盛り込んでいく作業です。

 

どんなキーワードで流入しているかをしっかり見て、自分の狙ったキーワードとのズレをチェックし修正します。そうすることで、効率的に検索順位を上げていけるはずです。

 

検索経由でアクセスを集めるためには、検索者が求める答えをズバリ提供することを意識する必要があります。

 

場合によっては、検索キーワードにピッタリくる記事を新しく書く必要もあるでしょう。

 

ステップバイステップ記事を充実させる

ステップバイステップ

最初の100記事は、とにかくスピード重視で書いていますので、細かい説明(痒いところに手が届くような)が不足しているはずです。

 

ですから、このリライトの段階で、懇切丁寧な記事に仕上げていきます。必要であれば、新記事を足していきます。

 

言葉だけではわかりにくい箇所は、図解したり、PC画面のスクショを用いたりして、読者が「もうそれ以上他のサイトに行く必要がない状態」というものを目指していきます。

 

それによって、Googleの評価は飛躍的に高まっていくはずです。

 

内部リンクを張り巡らせる

リンク

ある程度記事がブラッシュアップされ補足記事も揃ったところで、絶対に欠かせない作業が内部リンクを貼ることです。

 

一つの記事の内容に「関連する記事」のリンクをしっかり貼っていくことで、ブログ内の回遊率が飛躍的に高まり、滞在時間も伸び、ファン化も促進され、結果的にGoogleの評価も上がっていきます。

 

とにかく大切なことは、ただリンクをペタペタ無作為に貼るのではなく、読者のためにより親切な記事にするために内部リンクを張り巡らせることです。

 

昔であれば通用したような、ブログの小手先の手法は、もはやマイナスにしかならずやるべきではありません。

 

本当に価値のあるブログにする、という意識を持ってブログをどんどん改善していきます。

 

PVが万単位になって初めてマネタイズを意識する

マネタイズ

最初の3ヶ月で書いた100記事がそれなりの水準に達し、補足記事も充実してくれば、アクセス数はどんどん上がってきます。

 

そして、半年ともなれば、ドメインパワーも上がってきているはずなので、ようやくブログ記事の評価が「ある程度正当なもの」になってくる段階に入ります。

 

仮に半年経過しているのに全然伸びていないのであれば、やり方が間違っているはずなので、冷静に分析し直す必要があるでしょう。

 

そうやって、なんとか一ヶ月のPVが万単位になってきたら、ようやくそこでマネタイズを本格的に考え、実践していきます。

 

どれだけ自然な雰囲気でマネタイズ導線を作るかが肝

私のブログ歴はまだまだ浅いですが、それでも様々なブログを見ていて思うのが、「マネタイズ動線が丸見えのサイトは嫌われる」ということ。

 

「うわー、これ完全に金儲けやん。」

 

そう思われたら、当然ファンなどできません。ですから、ここでかなりセンスが問われると思います。

 

幸い、私は営業の仕事で「一切売り込まずに売る」ということを散々研究してきたので、その経験も活かし、読者目線を持ってマネタイズ設計をしていければな、と今から思っています。

 

実績を作りブランディングを強化していく

ブランディング

今現在、わたしは無職で毎日ブログを書くだけではなく、英語学習など他の事も同時にやっています。

 

その狙いは、純粋にそれをやりたい、というのも当然ありますが、先々のブランディングにもなるだろう」という考えも同時に持っていたりします。

 

例えば、英語系の記事を書くのであれば、「TOEIC900点のわたしが解説します」とした方が当然記事の信憑性が上がりますし、自分自身の英語のスピーチや会話音声なども公開することで、より高いレベルのブランディングが可能になるでしょう。

 

ブログを長期的に成功させるためには、ただ記事を書いていくだけではなく、あらゆる角度からアプローチしていく必要があります。

 

私は、ブログのプロを目指していこうと決めたので、出来ることはなんでもやっていくつもりです。

 

最強はリアルとバーチャルのハイブリッド

リアルとバーチャル

コロナの影響もあってか、おそらくこれから世界はますますバーチャルな方向に流れていくと思います。そうなると、ブログの内容もそっちよりになりがちなはず。

 

ですから、わたしの戦略としては、ある程度ブログがカタチになった後は、ガンガン外の世界(リアル)での活動を増やし、その経験をブログに反映させようと考えています。

 

そうすることで、他のブロガーとの強烈な差別化が可能になっていくはずです。

 

人間というものは無い物ねだりなので、バーチャルだらけの世界になった時には、必ずリアルな世界を求めるようにになります。

 

その時に備えて、いつでも外でガンガン活動できるような体調管理や肉体作りに励んでいく、それもブログ戦略の一つです。

 

まとめ

新しいことに挑戦することは、人生において最もエキサイティングであり、その者に生きる意味を与える行為です。

 

私にとって、自ら設定する目標は自分を楽しませるためのゲームのようなものです。

 

20代は音楽、30代は営業、そして、40代はブログ(ネットビジネス)。

 

この記事では、そんな”目標達成中毒者”の新たな目標である「プロブロガー」への道標、”ブログ戦略”について書かせていただきました。

 

さてさて、どんな未来が待っているのか、今から楽しみです。

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



-BLOG, メンタル, 実用