当サイトは広告を含みます 心理学

言ってることとやってることが違う人はこんな人|その特徴とは?

 

「言ってること」と「やってること」。一致していると感じた瞬間、信頼は芽生えます。

 

しかし、実際にはこの二つが異なる人に出会うことも少なくありません。

 

この記事では、そういった人たちの背後にある理由や特徴、そして上手な関わり方について解説していきます。

created by Rinker
すばる舎
¥1,540 (2024/03/20 20:32:51時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

なぜ「言ってることとやってることが違う」人が存在するのか

 

私たちが日常の中で出会う「言ってることとやってることが違う」人。彼らの背後にはどのような心理や背景があるのでしょうか。以下でその理由を探ってみましょう。

 

人間の心理的背景とは

 

人は、他者からの評価や認識を意識的、無意識的に気にしています。

 

自分が望むイメージや他者からの期待に応えたい、あるいは特定の反応を引き出したいという思いから、実際の行動や意志とは異なる言動を取ることがあります。

 

また、自己肯定感が低い人は、他者からの承認を求めるために真実とは異なることを言うことも考えられます。

 

環境や育ちの影響

 

家庭環境や育った環境は、人の言動に大きく影響します。例えば、親からのプレッシャーが強い環境で育った人は、期待に応えるための「正しい」言動を学ぶ傾向があります。

 

また、過去の経験から自分の意見を表現することがリスクだと学んだ人は、自分の本心とは異なることを言ったりすることも。

 

「言ってることとやってることが違う」人の特徴

 

次に、実際に「言ってることとやってることが違う」人の特徴を紐解いてみましょう。彼らの特徴を理解することで、うまく対応するヒントを得ることができます。

 

行動のパターンを観察する

 

このタイプの人は、特定の状況やトピックに対する反応が一貫していないことが多いです。

 

例えば、ある時はある意見を強く主張していたのに、別の状況ではその逆の意見を主張するなど、行動に一貫性が見られないことが特徴です。

 

継続的な観察を通じて、その人の言動のパターンや矛盾点を探ることが大切です。

 

話し方や表情からのヒント

 

言葉だけでなく、声のトーンや表情、身体言語なども注目すべきポイントです。

 

例えば、自分の言っていることに自信がない、または嘘をついている可能性がある場合、声のトーンが不安定になることがあります。

 

また、言葉と表情が一致していない場合、それはその人の内面と表面の乖離を示すサインかもしれません。

スポンサーリンク

実際に接するときの対処法

 

「言ってることとやってることが違う」人との関係は、時として困難に感じることがあります。

 

しかし、適切なコミュニケーションと自己防衛のテクニックを駆使すれば、関係をスムーズに進めることができます。

 

コミュニケーションの取り方

 

このような人とのコミュニケーションは、具体的かつ明確にすることが鍵です。あいまいな言葉や期待を持つのではなく、具体的な行動や期限を設けることで、ミスマッチを減らすことができます。

 

また、感情ではなく事実ベースでのコミュニケーションを心がけることで、誤解を避けることができます。

 

自己防衛のテクニック

 

時には、自己を守るためのテクニックも必要です。例えば、自分の境界を明確に示すことや、感情を巻き込まずに客観的に状況を判断することが求められます。

 

また、相手の言動に振り回されないためには、自分の価値観や原則をしっかりと持つことが重要です。

 

このような人との関係を健全に保つ方法

 

一度関係が築けたとしても、健全に続けていくための努力は必要不可欠です。以下のポイントを意識することで、より良い関係を築き上げることができます。

 

境界線をしっかりと持つ

 

自分の限界や受け入れられる範囲を明確にすることで、相手との関係の中で自分を疲弊させることを防ぎます。相手の要求や期待が自分の境界を超えてくる場合は、適切に断る勇気も必要です。

 

信頼関係の構築

 

互いの信頼を築くことは、任意の人間関係において中心的な役割を果たします。

 

時間をかけてお互いの価値観や考えを共有し、理解し合うことで、深い信頼関係を築き上げることができます。しかし、信頼は一朝一夕に築かれるものではなく、継続的な努力と理解が求められます。

スポンサーリンク

実生活での具体的な事例とその対処法

 

「言ってることとやってることが違う」人との関わりは、職場や私生活のさまざまな場面で発生します。以下では、具体的な事例をもとにその対処法を解説していきます。

 

職場での事例

 

事例: チームのプロジェクトで、Aさんが「私がそのタスクを担当します」と言ったにも関わらず、期限が来ても何も進行していない。

 

対処法: まず、Aさんにタスクの進捗状況を具体的に確認します。感情的にならず、事実ベースでのコミュニケーションを心がけることが大切です。

 

次に、タスクの進行状況や期限を明確にし、必要であればサポートやリソースを提供することを検討します。

 

そして、今後このような事態を避けるため、定期的なミーティングや報告のルーチンを設けると良いでしょう。

 

私生活での事例

 

事例: 友人のBさんが「週末に一緒に出かけよう!」と提案してきたが、当日になって突然キャンセルされた。

 

対処法: Bさんのキャンセル理由を具体的に聞いてみます。ただし、責める姿勢ではなく、理解を深めるための質問を心がけることが重要です。

 

もし、Bさんが何度もこのような行動を取るのであれば、次回からの約束を具体的な計画とともに確認することを提案することが考えられます。

 

また、自分の期待や感じている不満を正直に伝え、相手の考えや意見も受け入れることで、より良好な関係を築くことができます。

 

まとめ

  • 「言ってることとやってることが違う」人の存在理由と心理的背景
  • その特徴的な行動や発言のパターン
  • うまく対処するためのコミュニケーション術
  • 健全な関係を築くための方法
  • 実際の事例をもとにした対処法
created by Rinker
すばる舎
¥1,540 (2024/03/20 20:32:51時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク



-心理学