当サイトは広告を含みます アメリカ関連

アメリカでスクールバスが利用される理由とそのメリット

スポンサーリンク

アメリカのスクールバス"ビッグ・イエロー・バス "

 

「ビッグイエローバス」は、アメリカでは生徒の通学に使われる大型のスクールバスです。

 

このバスは通常、明るい黄色に塗られているため、道路上ですぐに認識することができます。

 

その利便性と安全性から、近年ますます利用者が増えています。

 

米国でスクールバスを利用する最大の理由は、安全性です。

 

子どもたちが大きな集団で移動する場合、ドライバーは交通量の多い地域や高速道路を移動する間、一度にすべての子どもたちから目を離すことができなくなります。

 

また、多くの州では、交通渋滞やその他の潜在的な危険を心配することなく毎日安全に登校できるよう、学校に対して送迎を義務づける法律があります。

 

また、黄色い大型バスを利用することで、1台のバスで複数の子どもを運ぶことができるため、エネルギーや資源の節約にもつながります。

 

また、授業が始まる前に子どもを送り出す保護者の車が減るため、ピーク時の学校周辺の交通渋滞も緩和されます。

 

さらに、このような大量輸送システムは、各家庭が毎日子供を学校まで送迎するために自家用車を購入するよりもコストがかからないことが多いのです。

 

さらに、黄色いバスに乗ることで、自宅と学校の往復に同乗する生徒たちの間にコミュニティ意識が芽生えます。

 

平日の朝と昼、狭い車内に一人で、あるいは兄弟姉妹と一緒に座って往復するよりも、授業が始まる前に新鮮な空気を吸いながら友人とおしゃべりをする機会を与えてくれるのです。

 

このように、アメリカでは家と学校の往復に大型バスを利用することで、安全対策、資源保護、コスト削減、乗り合わせた人たちのコミュニティ形成など、多くのメリットがあるのです。

 

スクールバス制度には数多くのメリットがある

 

アメリカの学生は、毎日スクールバスに乗って登下校するのが一般的ですが、その理由を解説します。

 

まず、生徒の移動には安全性が重要な要素です。

 

スクールバスは安全性を重視して設計されており、シートバックを高くしたり、赤信号や一時停止の標識を点滅させたり、腕を交差させるなどの機能が備わっています。

 

これらの機能は、バス乗車中や目的地での荷物の積み下ろしの際に生徒を保護するのに役立ちます。

 

さらに、訓練を受けたバス運転手が、地区で雇用される前にバックグラウンドチェックを受けています。

 

スクールバスを利用するもう一つの利点は、費用対効果です。

 

ほとんどの地区では、必要に応じて、黄色いバスやその他の公共交通機関を利用して、生徒を無料で送迎しています。

 

さらに、スクールバスを利用することで、毎朝、毎夕、保護者がキャンパスから子供を送迎するため、道路を走る車の数が少なくなるので、学校周辺の交通渋滞を緩和することができます。

 

歩行者にとっても、ドライバーにとっても、より安全な道路となるのです。

 

スクールバスに乗ることは、他の方法では知り合えないような生徒間のコミュニティを育むのに役立ちます。

 

バスは、車で移動するのに比べ、サイズが大きい、プライバシーがないなどの理由で乗りたがらない生徒もいますが、自宅と学校の間の移動時間中に事故につながる可能性のある注意散漫(運転中のメールなど)を減らすことができるので、生徒にとっても有益なことなのです。

 

結論として、米国を拠点とする学校の多くが在校生にスクールバスの利用を求める理由は複数あるということ。

 

このサービスを提供する際に地区が講じる安全対策、自家用車を所有/運用する場合と比較したコスト効率、キャンパス周辺の交通渋滞の軽減、生徒同士の交流機会の増加、毎日の目的地間の移動中に気を散らす誘惑の軽減などです。

バス停まで歩くことによる身体の健康増進

 

さらに、スクールバスを利用することは、身体的な健康面でもメリットがあります。自宅からバス停まで徒歩や自転車で移動することで、日常的に体を動かすことができ、生涯を通じて健康でいられるようになります。

 

身体の健康増進は、アメリカで生徒がスクールバスを利用する理由を語る上で、見逃すことのできないポジティブな結果の一つです。

 

全体として、米国で生徒がスクールバスを利用する理由は数多くあります。

 

例えば、安全への懸念、効率化、道路交通量の削減、毎日バス停まで歩いたり自転車に乗ったりすることによる身体の健康状態の改善などです。

 

これらの要素を考慮すると、この交通手段が今日もアメリカの家庭で人気を保ち続けている理由がよくわかりますね。

 

低学年の責任感の向上

 

アメリカでは、スクールバスは生徒たちの一般的な交通手段で、毎日、何百万人もの子どもたちがこの大きな黄色い乗り物に乗って教室に通っています。

 

 スクールバスに乗ることで、整理整頓や計画的な生活習慣を身につけ、子どもたちの責任感を高めることができます。

 

バスに乗ったら、自分の席はどこか、いつ降りればいいのか、乗り遅れたり目的地が違ったりしないように気をつけなければなりません。

 

このような細部にまで気を配ることで、幼い心に規律を身につけさせるとともに、低学年の学業成就に不可欠な日常生活の構造化を図ることができるのです。

 

また、スクールバスは、個人で運転手を雇ったり、タクシーやライドシェアなどの公共交通機関を利用したりするよりも安く済むことが多いので、経済的な面でもメリットがある。

 

このコスト削減策により、保護者は学費、書籍、消耗品などの教育費により多くのお金を充てることができ、低学年の子供たちの学習機会をさらに充実させ、長期的に学力も向上させることができます。

 

以上、アメリカでは、安全面、低学年の責任感の向上、コスト削減など、スクールバスを利用する理由はさまざまです。

 

このような利点は、生徒個人だけでなく、社会全体にとっても、アメリカの学校におけるより良い学習環境づくりに貢献することになります。

 

自動車の排気ガスなどによる環境負荷の低減

 

スクールバスは、生徒の登下校を効率的に行うことで、自動車の排気ガスなどによる環境負荷の低減に貢献しています。

 

スクールバスは、小型の自家用車に比べて排気ガスが少ないため、環境面でもメリットがあります。

 

多くの学校では、一日を通して複数のルートを運行し、それぞれのルートでいくつかの異なる停留所があるため、ピーク時の交通渋滞を緩和するのに役立ちます。

 

また、ピーク時に走る車の数が少なければ、排気ガスや二酸化炭素などの大気汚染物質も少なくなります。

 

つまり、スクールバスを利用することは、生徒にとって安全で経済的なメリットがある一方、アメリカの都市や町の学校周辺では、車の排気ガスが削減され、環境保護に貢献することになるのです。

 

新しい出会いとクラスメートとの関係構築の機会

 

アメリカでは、生徒の通学にスクールバスを利用することが、長年の伝統となっています。

 

その理由はさまざまですが、生徒が新しい人と出会い、クラスメートとの関係を築くきっかけになることが大きな利点のひとつです。

 

スクールバスに乗ることで、生徒たちは交流し、お互いをよりよく知ることができる環境を手に入れることができます。

 

車や徒歩で移動するのとは違い、バスは座席が近いので、同級生とより密接に交流することができます。

 

バスに乗ると、座席が近いので、仲間との交流が深まり、その日の出来事を話したり、話をしたり、冗談を言い合ったりして、周りの人とより強い絆を築くことができるのです。

 

また、スクールバスに乗ることで、一人または少人数で移動しているときには得られないような情報にもアクセスすることができます。

 

例えば、複数の人が一緒に乗車することで、より多くの本を共有することができ、勉強や研究のための追加資料を全員が利用することができます。

 

スクールバスに乗ることは、単にA地点からB地点に移動するだけでなく、新しい人と出会い、仲間との関係を築く貴重な機会を学生に提供するのです。

スポンサーリンク

スクールバスが追い越し禁止なのはなぜ?

 

スクールバスは、アメリカの教育システムには欠かせない存在であり、ほとんどの州では、スクールバスが他の車両を追い越すことは違法です。

 

この法律は、乗客と周囲の人々の安全を確保するために導入されました。

 

スクールバスの追い越しが禁止されている主な理由は、その大きさと道路上での視認性の問題によるものです。

 

スクールバスは一般的な乗用車よりも大きいので、後ろのドライバーは前方や障害物があるかどうかを確認することが困難です。

 

また、小型車に比べて加速や減速に時間がかかるため、突然目の前に他の車両が現れ、適切な反応をする時間がない場合、危険な状況になる可能性があります。

 

そして、スクールバスは小型車に比べて小回りが利かないことも、追い越しを危険にしている要因のひとつです。

 

バスは回転半径が大きいので、必要に応じて他のドライバーの邪魔にならないように移動するのに時間がかかるのです。

 

このことは、誰もができるだけ早くどこかに移動しようとしているラッシュアワー渋滞時には特に危険であり、スクールバスのような動きの遅いもののまわりで操縦することはさらに難しくなります。

 

さらに、こうした大型車には子どもが乗っていることが多いため、子どもは潜在的な危険を認識しにくい、あるいは危険が生じたときにどう対応するのが最善かを知らない可能性があるので、近くで運転する場合は特に注意しなければなりません。

 

このような理由から、スクールバスの追い越しを禁止する法律がアメリカ全土に存在し、毎日目的地間を移動する際に乗客全員が安全でいられるように配慮されています。

 

アメリカにおけるスクールバスの普及率

 

アメリカでは、毎日48万台のスクールバスが2500万人以上の生徒を送迎していると言われており、スクールバスの存在はよく知られています。

 

スクールバスの普及は、学校側が一度に大勢の児童を移動させるのに、経済的で効率的な方法であることが大きな要因です。

 

また、スクールバスの安全性も普及の大きな要因となっています。

 

スクールバスは、視認性の高いライトや停止表示、赤色点滅灯、強化された屋根や窓、シートベルトの固定、非常口など、安全性に配慮した設計になっています。

 

万が一、乗車中に事故が発生しても、乗客の安全を確保することができます。

 

米国でスクールバスが普及しているのは、その費用対効果の高さと、毎日家と学校の間を移動する生徒の安全への配慮によるものだと言えます。

スポンサーリンク



-アメリカ関連