LIFE

楽して成功すると後が大変|「愚直さ」を先に身につけろ

サムサム
なるべく楽して成功したいな~。。「短期間で効率よく稼げる方法」こそ正義!わざわざ苦労する必要なんてナイナイ。

 

もしあなたがこれまでの人生で、何かしらの分野で「愚直な積み重ね」を経て成功したことがある人ならば、そういう考えも否定しません。

 

しかし、もしこれまでに何かを成し遂げたことが一度も無いのであれば、今「楽して効率的に成功する方法」を探すのはあまりお薦めしません。

 

もし仮に、その方法であなたが一度「プチ成功」を体験してしまうと、後々かなり苦労することになるからです。

 

ヌンヌン
本記事では、「楽して成功」を目指す前に、人生に一度は「長期の積み上げ」を経験しておくべき、というお話をしたいと思います。

 

この記事を書いてる人

  • 10代でギターを始め、10年の下積みを経て、とある海外バンドに加入。メジャーデビューし、全国チャート1位を獲得。6週連続1位。
  • バンド脱退後、海外放浪(?)ののち日本に帰国。営業系の会社に約6年間勤め、試行錯誤の末、年間トップセールス獲得

 

私は、以上の経験のおかげで、新しく何かに挑戦する時に「焦らず長期的視点を持って」計画を立て、コツコツと積み上げていくとが当たり前にできるようになりました。

 

実際に、このブログも約5ヶ月間で100記事以上の記事を投稿していますが、今のところNetflixの月額サービス料金程度しか稼げていません(笑)

 

それでも、挫折することなく日々坦々と作業が出来ているのは、「大きなことを成し遂げるためには、手間も時間もかかる」ということが、完全に腑に落ちているからなのです。

スポンサーリンク

 

楽して成功すると後が大変

楽して成功したい、稼ぎたい、という気持ちは誰でも最初はあると思います。特に現代の成功者を見ていると、ネットを駆使し、あたかもカンタンに莫大な資産を築いているように見えます。

 

しかし、彼らとて、実際には物凄く大変な努力を積み重ねて成功したわけで、最初からスイスイといったパターンは少ないのではないでしょうか。

 

そういったネット業界での先駆者を見て、今同じように成功を目指す人が増えているようですが、そこにはたくさんの罠が待ち構えています。

 

「楽して成功」があなたを殺す

以前に比べて、ネット業界ではあからさまな「詐欺商材」は減り、ノウハウ提供側も学習者に対しそれ相応の努力を求めるようになってきました。

 

今では、「ネットで稼ぐのもやはり大変なんだ、、」という認識が広まりつつはあります。

 

それでも、未だに「圧倒的に短期間でカンタンに稼げます」というメッセージは存在しており、ついつい魅力を感じて高額な教材を購入したり、高額なコンサルを受けたりとする方が多いようです。

 

この話の流れだと、「そんなカンタンに稼げるわけがないから騙されないで!」という話になりそうですが、今回の記事でお伝えしたいことはそういうことではありません。

 

その教材やサービスによって、もし仮にあなたがカンタンに稼げてしまったら後々苦労しますよ、というお話です。

 

宝くじ高額当選者の末路

宝くじ

「宝くじの高額当選者の末路」がどういうものかはあなたも聞いたことがあると思います。

 

いきなり大金を手にすることによって、金銭感覚が壊れ、結局すべてを失っていくストーリーは有名ですね。

 

彼らがなぜそうなってしまうのかというと、

自分に不相応の成功が急にやってきてしまったから

です。

 

元々お金を稼ぐ能力を持たない人間が、いきなり「何億」という大金を得てしまったことによって、そこに不調和が生じ人生が転落していく。

 

ある意味では当然の事かもしれません。

 

これは宝くじの話ですが、凡人がいとも簡単にネットで大きく稼いでしまった場合も、全く同じことになるという恐れがあると言えます。

 

スポンサーリンク

『楽して成功』は続かない|時流は変わり続ける

現代の流行の移り変わりはかなり早いです。次から次へと、あたらしい流れが生まれてきます。

 

その流れに上手く乗ることができれば、ある日突然凡人が大きな結果を出してしまうことは、十分ありえることです。

 

ですから、あなたがこれから運良く「簡単に稼げるノウハウ」に出会えば、宝くじと同じような「不相応の成功」を手に入れてしまう可能性も十分あります。

 

しかし、それがたとえビジネスであったとしても、楽に稼げたのであれば宝くじと同じです。そのプチ成功はあなたの実力でもなんでもなく、ただのラッキーなのですから。

 

「楽して成功」の運気が去った後

あなたが仮に、時流に乗って成功したとします。そして、時流が変わりうまく稼げなくなった、となってしまった時に、すぐに気持ちを切替えて、「地道な努力が要求されるノウハウ」で改めてコツコツ頑張っていくことができると思いますか?

 

恐らく難しいでしょう。

 

一度楽な道を知ってしまったあなたがやることは、また同じように楽に成功できる方法を探すことだけです。

 

そのあとも再び幸運に恵まれれば良いですが、その可能性は限りなくゼロに近いと言えるでしょう。

 

本来であれば、真っ当な方法で稼ぐことはかなりの積み重ねが要求されます。長く稼ぎ続けている人達の努力の水準は半端では有りません。

 

※ここで補足しますが、もし仮に運気がずーっと続き、ずーっと楽に稼ぎ続けていけたら幸せになれるかというと、そうとも限りません。そんな人生は「最初からレベル99のドラクエ」みたいなものだからです。そんなゲームで遊んで楽しいですか?

一発屋と成功し続ける人との違い

世の中には「一発屋」と呼ばれる人たちがいます。「急に成功して、そのあとが続かない人」のことです。

 

一方、「ずーっと成功し続けている人たち」もいるわけですが、両者の違いは一体なんなのでしょう?

 

成功し続ける人は、ずーっと運が良いのでしょうか?

違いますよね。

 

「一発屋」の場合、

実力で成功したわけではなく、ただ時流にうまく乗っかっただけ

であるのに対し、

 

「成功し続ける人」は、

時流の変化にも即対応し、成功し続ける本物の実力を持っている

という大きな違いがあるのです。

 

「実力」というのはスキルや知識のことだけを言うのではありません。

 

一発逆転を夢見る人間が最も不得意とする「地道な積み重ね」を忍耐強く継続することができる、ということも真の成功者の「実力」の一つなのです。

 

楽に物事が運ぶと、それ以上の成長はない

簡単に物事がうまく運んでしまうことは、自分の成長にとってはマイナスでしかありません。なぜなら、人は試練を乗り越えることで、大きく成長していくからです。

 

ここで一つ質問です。

「簡単に3ヶ月程度で大きく稼げる」という道と、「愚直に半年、1年、2年とやればだんだん稼げるようになる」という道があるのだとしたら、あなたはどちらを選びますか?

 

恐らく大半の方が前者を選ぶのではないでしょうか。当たり前ですよね。前者の方が短期間済みますし、楽なのですから。

 

ただもし、前者の方法で一度でも成功してしまったら、恐らくそれ以降は余程のことが無い限り、後者の道を選ぶようなことはできなくなるでしょう。

 

一度そうなってしまったら、長期的な努力などには全く興味を示すことはできず、いつまでも一発逆転を夢見ながら生きていくことになります。

 

自己成長を求める者は「成功を捨てる」

成長

「成功を捨てろ」という言葉を聞いたことがありますでしょうか。

 

その言葉の意味は非常にシンプルで、「成功は人をダメにする」ということを警告する言葉です。

 

人間は、何かを手に入れるためであればある程度努力できますが、一度欲しいモノを手に入れてしまうと慢心し、努力を怠るようになります。

 

そうなれば、当然成長どころか退化していくだけです。「成功は人をダメにする」という言葉は、自分がダメになってしまう前に成功を捨て、一旦ゼロに戻し再出発することで、さらに自分を大きく成長させるべきだ、という成功者からのメッセージなのです。

 

私は過去に2度ほど「成功を捨てる」を体験していますが、その決断に一切後悔はありませんし、これからのさらなる進化成長を思い描きワクワクしている状態です。

 

誰もが勿体ないという『良い状態』を捨てることを決断する時の私の気持ちは、2回とも同じでした。

それは

「このままでは自分がダメになる」

ということです。

スポンサーリンク

まとめ|楽に成功するという考えを捨て、気長にプロセスを歩むことが大切

「終わりよければ全て良し」という言葉がありますが、人生のおいても、最後の時を迎える時に「いい人生だった」と思って死んでいきたいと私は思っています。

 

かなり長期的な話になってしまいますが、これはずっと変わらない価値観です。

 

そして、最後の時だけでなく、今がどんな状態であっても、少しずつでも自分が右肩上がりで成長していけることが最も大切だと思っています。

 

どこかでピークを迎えて、その後落ちぶれていくような生き方はしたくない。

 

そのためにも、「楽に短期間で何かを手に入れよう」という発想は捨て、まずは愚直な道を歩む必要があるのではないかと私は思っています。

 

1万人に1人でもいいです。このメッセージが誰かの心に届けば幸いです。

 

 

ヌンヌン
最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク



-LIFE