LIFE

【人生をやり直したい方へ 30代 40代】人生大逆転の条件

大逆転

人生はいつからだってやり直せます。それは間違いありません。

 

しかしそれは「誰でも簡単に成功出来ます!」という意味ではありません。

 

まさに言うは易く行うは難し

 

もし、これまでの平平凡凡な人生を大逆転させたいというのであれば、「よっぽど変わらないと不可能」だと言えます。

 

では具体的に、何をどう変えればいいのでしょうか?

 

今回は、人生大逆転の条件についてお話したいと思います。

 

あなたの現状はこれまでの記録

一つ言えることは、今の自分自身の現状はこれまでの行いの結果である、ということです。

 

まさに因果の法則。

結果には必ず原因がある。

 

今現在、成功出来ていないのなら、それは、「成功出来ないような思考」から来るこれまでの行動の結果だということです。

 

生まれてから、長い年月を経て身に付けてきた、自分自身の「癖」。

 

それが、無限の分岐点を持つ、日々の生活の一瞬一瞬の行動を決定します。

 

その無数にある選択が積み重なり、今現在の自分が出来上がっているのです。

 

作業の仕方、人との接しかた、食事や睡眠、整理整頓、、 そういった日常の細々したものもすべてひっくるめて「習慣」と呼ぶとするならば、まさにその習慣こそが人生を作り上げるということです。

 

習慣を変える=人生を変える

習慣を変える

もし、自分自身の人生を大きく180度変えたければ、まさにその「習慣」を180度変える必要があります。

 

しかし、普通はそう聞くと、なんだか非現実的なことをしなくてはいけないのかと思いがちですが、どんなにとんでもなく大きな目標であっても、やるべき事、変えるべき事は、本当に当たり前の日常的なことがほとんどです。

 

そして、習慣を180度変える言っても、いっぺんに180度変えようとするのは無謀です。そこには確実に挫折が待っています。

 

もし、本当に習慣を変えたいのなら、それこそ1度ずつ変化させていくような感覚を持つことが何よりも重要だといえるでしょう。

 

ほんの少しずつの変化が、やがて圧倒的な変化となって表れてくるのです。

奇跡は“時間をかければ”起こせる

スマートフォン

人類が誕生してから400万年とも700万年とも言われていますが、今我々の手元に当たり前のように存在している「スマホ」が生み出されるまでには、途方もない年月がかかっています。

 

こんな奇跡的なシロモノはとてもとても一世代では作れません。

 

仮に江戸時代に突然スマホが誕生していたら、誰もが腰を抜かしたことでしょう。

 

スマホは、何世代にも渡り、様々な研究が繰り返され、その知識や技術が後世に伝えられ、その結果ようやく生み出されたものです。

 

一つ一つの研究は、本当に本当に地味~なものです。

 

その小さな積み重ねが、長い時を経て、大きな結果を生み出したと言えるでしょう。

 

大逆転とは言うけれど

step by step

何事も、大きなこと、というのは、すぐには実現しません。時間が掛かります。それが宇宙の法則です

 

それを深いレベルで府に落とさない限り、あなたが偉業を成し遂げる日は永遠に来ないでしょう。

 

人生を大逆転させる、というと、なんだか一瞬ですべてが変わる、みたいに思う人がほとんどだと思いますが、それは無理な話です。

 

そもそも、何かを一瞬で大逆転させてやろう、一発当ててやろう、という思考がある時点で、真の成功者にはなれません。

 

短期的思考に支配されている人間は、永遠に「運」に翻弄され続けます。

 

常に運次第。

 

そして、同時にとてつもなくハイリスクな人生を歩むことにもなります。

 

運気、時流、といった大きな流れというのは一定ではありません。必ず変化し続けます。

 

ですから、「地力」を高めていくことをせずに流れに乗る事だけを考えていたら、結果的に120%の確率で波乱万丈な人生になるのです。

 

大きなアップダウンの繰り返し。

 

決して、安定感などありません。

 

そういう人生を好む人もいるでしょうから、それはそれで勝手なのですが、もしあなたが、平凡以下の人生から脱却し、人生の後半戦においてもさらに成長し続け、安定した成功を手にしたいと思うのであれば

 

ぜひ、どんなに小さなことからでもいいので、地道に少しずつ自分自身の習慣を変化させていく、ということを意識してみてください。

 

ポイントは、どんなにゆっくりでもいいから変化「し続ける」ことです。

 

一気に変わる事を完全に諦め、小さな変化だけに集中する。

 

やがて、想像でしかなかった世界が、現実のものとなっていることに気付かれるでしょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



-LIFE