当サイトは広告を含みます アメリカ関連

アメリカの永住権(グリーンカード)取得は難しいの??

スポンサーリンク

米国における「永住権」

 

米国永住権とは、米国に永住し、働く権利を個人に与える法的地位です。

 

市民権につながるものではありませんが、永住権保持者は自由に旅行し、医療などの社会サービスを利用し、家族を移民給付のスポンサーにすることができます。

 

永住権の取得は難しいかもしれませんが、忍耐と適切な指導があれば可能です。

 

グリーンカード(永住権)を取得するためには、申請者はまず、米国政府が定めたいくつかのカテゴリー(雇用に基づく移民、家族に基づく移民、難民または亡命者、多様性宝くじの当選者、特定の能力(兵役など)を理由に特別移民ビザを与えられた人、人身売買やその他の犯罪行為の犠牲者、結婚や国の経済への投資など別の方法でグリーンカードを手に入れた人)のいずれかに当てはまる必要があります。

 

永住権取得のプロセスは、申請するカテゴリーによって異なりますが、USCIS (U.S. Citizenship & Immigration Services) に書類を提出し、地元のUSCIS事務所で面接を受け、申請書を審査され、必要書類を提出し、バックグラウンドチェックと健康診断を受け、必要な手数料や申請に関する罰金を払い、最後にUSCISからあなたのケースに関する決定を受ける、という共通のステップが必要とされます。

 

あなたが下に適用されているどのカテゴリに応じてそのような雇用ベースの移民を求める人々のための財政的安定性の証拠を提供する、または家族ベースの移民を求める人々のための密接な家族関係を持っているなどの追加要件があるかもしれない等。 米国永住権の取得には時間がかかりますが、USCISの定める必要条件をすべて満たしていれば、必ずしも難しいことではありません。

 

重要なのは、申請書を提出する前にすべての関連書類を準備しておくことです。

 

これには、経済的安定性の証明、申請するカテゴリーに関連するすべての基準を満たすことの証明、健康診断結果が最新のものであることの確認などが含まれます。

 

さらに米国移民法に特化した経験豊富な弁護士からの専門的な支援は、すべてがスムーズに何ができる間に行くことを確認することに向かって長い道のりを行くことができます。

 

永住権取得のための課題

 

米国で永住権を取得するのが難しいかどうかという質問に対して、その答えは様々な要因に大きく左右されます。

 

永住権の取得が比較的簡単な人もいれば、乗り越えなければならない多くの課題がある人もいます。

 

 最初の課題は、一般的に金銭的なものです。

 

永住権を取得するためには、書類の提出、面接への出席、その他移民法に関する行政的な事柄に関連する様々な料金や費用を支払う必要があります。

 

これらの費用はすぐにかさみ、特に収入が限られている人や、貯蓄やその他の資源を利用できない人にとっては負担となることがあります。

 

また、多くの申請者は、永住権取得に必要なすべての条件を満たす適切な住居を見つけることが困難な状況にあります。

 

もう一つの重要な点は、米国移民局(USCIS)が定める資格基準を満たすことです。

 

個々の状況に応じて、英語の能力だけでなく、米国内の歴史や政府の方針に関する特定のテストに合格する必要がある場合もあります。

 

あなたの経歴によっては、言葉の壁や特定の法的概念に関する理解不足のために、これらの基準は当初見かけよりも難しいものになる可能性があり、最終的に永住権取得の遅れにつながる可能性があります。

スポンサーリンク

永住権申請のための資格

 

永住権を申請する最初のステップは、自分がその資格を有するかどうかを判断することです。

 

これを行うには、あなたの移民の状態を考慮し、いくつかのカテゴリのいずれかに該当するかどうかを検討する必要があります。

 

これらのカテゴリーには、家族ベースの移民、雇用ベースの移民、特別な移民または難民の地位、または多様な移民ビザプログラム(DV)のような他の人道的プログラムが含まれます。

 

各カテゴリーには独自の要件があるため、申請前によく理解し ておく必要があります。

 

特定の条件を満たすことに加えて、申請者は米国での生活において自活できる十分な経済力があることを証明する必要があります。

 

これには、生活保護やフードスタンプのような政府の援助制度に頼らず、食料や住居などの基本的なニーズを賄えるだけの収入があることが含まれます。

 

また、米国滞在中に税金を納め、健康保険に加入し続けることができることを証明する必要があります。 す

 

べての資格要件を満たし、米国滞在中の経済的安定を証明できる人にとって、永住権の取得は必ずしも困難ではありませんが、あなたの状況や、特定の申請がどの程度滞っているかによって、時間がかかる場合があります。

 

さらに、すべての申請書は、連邦法執行機関と国土安全保障省の職員によるバックグラウンドチェックを含む徹底的な審査過程を経て、米国永住権の承認または拒否が決定されます。

 

しかし、申請者の忍耐力と政府関係者の効率的な審査プロセスにより、永住権の取得は、アメリカの国境内で合法的な居住権を求める有資格者にとって、過度に難しいことではないと考えられるでしょう。

スポンサーリンク



-アメリカ関連