当サイトは広告を含みます LIFE 不登校

子供が不登校になるのは親が甘やかしすぎるからなの?

スポンサーリンク

親の甘やかし過ぎが不登校の原因?

 

英語で「オーバーインダルジェンス」とは、親や保護者、養育者が子供や子どもを過度に甘やかすことと定義されています。

 

子供に過剰な注意や愛情を注ぎ、必要以上に物質的なものを与えることも含まれることが多い。

 

このような過度の甘やかしは、子供とその親の双方に多くの悪影響を及ぼしかねません。そのひとつが不登校です。

 

正当な理由なく学校を休み続けることです。 不登校の原因は、学業成績や責任感をあまり期待できない環境を作り出す、放任主義的な子育てにある可能性があります。

 

自分の行動に責任を持たされないと、子どもたちは退屈してしまい、学校に定期的に通う意欲がなくなってしまうかもしれません。

 

さらに、子どもたちがあまりにも多くの物を与えられると、他の子どもたちが享受していない特権を受ける権利を感じ始めるかもしれません。

 

その結果、学校をサボって友達と過ごしたり、学校以外の活動をしたりすることを正当化しやすくなります。

 

また、親が罪悪感や親子関係の悪化を恐れて子どもを甘やかしすぎると、親子間に感情的な緊張が生じ、学校に行きづらくなったり、時には学校に行く意味がないとさえ思えてくることがあります。

 

極端な場合、この感情的な緊張が、親による不当な扱いに対する抗議として、子供を不登校に導くことさえあるのです。

 

過度の放任が不登校の原因になっていると思われる場合、保護者の方は、愛情とサポートを十分に与えながら、

  • 子供との間に境界線を作る
  • 学業と行動に関して明確な期待を持つ
  • その期待を一貫して実行する
  • お金や物をどれだけ渡すか監視する
  • 学校での様子(成績など)について定期的にコミュニケーションを取る
  • 追加の構造を与える課外活動への関与を促す、必要なら専門家の助けを得る

などの措置を取ることが重要です。

 

このような予防策をとることで、最終的には家族全員が、学業面でも精神面でも、成功する可能性が高まります。

 

 

親のジレンマについての考察

 

子供を健全に、かつ生産的に育てるにはどうすればよいかという親のジレンマは、何世紀にもわたって議論されてきた問題です。

 

親にとって、子供を甘やかしすぎず、十分な注意とサポートと愛情を与えることのバランスをとることは、しばしば困難なことです。

 

このジレンマをめぐる議論では、不登校が親の過度の甘やかしによって引き起こされるかどうかが話題になっています。

 

不登校は、学齢期の子どもが学校に定期的に登校しない、あるいは登校中に授業をさぼることで起こります。

 

このような行動を放置しておくと、学業上の問題や危険な行動の増加、さらには犯罪行為につながることもあります。

 

不登校の原因には、精神的な問題、いじめ、学校への興味の欠如など、さまざまな要因がありますが、調査によると、不登校を未然に防ぐには、親の関与が重要な役割を果たすとされています。

 

親が子どもに甘すぎる場合、家庭環境に秩序や規律がないため、子どもが授業をさぼったり、非行に走ったりする可能性があります。

 

親からしっかりとした境界線を与えられていない子どもは、学校でも規則を守る必要がないように感じてしまうかもしれません。

 

家庭環境と学校環境の両方から明確な期待がなければ、子供たちは簡単に授業をさぼるようになり、最終的には慢性的な欠席につながる可能性があります。

 

一方、親の関与が強すぎると、学校で逆境に直面したときに問題解決や自己防衛といった生活に必要なスキルが育たなくなるため、不登校の原因になるという専門家の意見もあります。

 

もし、親が何か問題が起こるたびに介入し、子供が自分で状況を解決できるようにしなければ、権威者に対する恨みの感情が生まれ、腹いせや反抗心から授業をさぼるようになる可能性があります。

 

一日の終わりに、適切な境界線を設定しながら、無条件の愛とサポートを子供に提供することのバランスを見つけることは、親の過度の甘やかしが原因の不登校などの問題を解決しようとするときの鍵になります。

スポンサーリンク

家庭内の仕組みやしつけの欠如

 

日本だけでなく アメリカでも不登校の問題が深刻化しており、多くの親が自分たちの子供への過度の甘やかしが原因ではないかと考えているようです。

 

不登校にはさまざまな要因がありますが、家庭内の仕組みや規律の欠如が大きな要因である可能性が研究により示唆されています。

 

子育てのスタイルについて、専門家は権威主義と寛容という2つの主要なアプローチを特定しています。

 

権威主義的な親は厳しいルールを設け、あまり説明や話し合いをせずに子どもに服従を求めます。

 

一方、寛容な親は、子ども自身に決断をさせる傾向が強く、規則を破った場合の結果を強制することはありません。

 

このどちらかの方法が行き過ぎると、不登校の問題につながるという研究結果があります。

 

『The Journal of Adolescent Health』に掲載された研究によると、過度に寛容な子育てスタイルを特徴とする家庭の10代は、バランスのとれた子育てスタイルの家庭に比べ、不登校の割合が高いことがわかりました。

 

また、権威主義的な子育てが過度に行われている家庭でも同様の結果が見られました。

 

両極端の場合、家庭で家族から明確な期待や指導を受けないために、子どもは学校から足が遠のくことになります。

 

家庭から明確なルールや期待がないことに加え、構造や規律の欠如も、生徒が学校環境に積極的に対応できるかどうかに影響することがあります。

 

家庭で自分のことは自分で決め、それに対して何の責任も負わないことに慣れている子どもは、学校の授業中も教師の指示に従ったり、教室の規則を結果なしに守ったりすることに苦労するかもしれません。

 

そうなると、トラブルを起こしたり、授業をさぼったりする危険性があり、そのままにしておくと、不登校の問題に発展することもあります。

 

不登校による停学や退学などの処分を避け、学業に成功させたい親御さんにとって、家庭内で一貫した構造と規律を与えることは重要なポイントです。

 

特に勉強の時間には、家の中でも外でもどのような行動が求められるのか、親は子供に甘えながらも、適切な境界線を設けることが重要です。

「期待」という諸刃の剣

 

学業成績に関して言えば、期待は諸刃の剣と言えます。

 

一方で、明確で達成可能な目標があれば、勉強や生活の他の分野で優れた成果をあげようという意欲が湧きます。

 

一方、期待が不明確であったり、高すぎたりすると、不満や物足りなさを感じるようになる可能性があります。

 

これは、不登校や学校からの脱落など、深刻な結果をもたらす可能性があります。

 

不登校の原因のひとつに、親の過干渉が考えられます。

 

親が子どもの行動に過度に関与することで、勉強の面では、しっかりとしたけじめをつけず、十分な指導をしないことがあります。

 

その代わりに、子供に自由を与えすぎて、その自由をどのように使うのがベストなのか、具体的な指示がないままになっている可能性があります。

 

その結果、学業成就に対する親の明確な期待がないために、子どもは授業をさぼったり、他の非行に走ったりするようになるかもしれません。

 

さらに、教育の重要性を理解していない、あるいは単に時間がないなどの理由で、親が子どもの学業成就に関心を示さない場合も、不登校や学業不振の問題につながる可能性があります。

 

保護者の適切な関与がなければ、生徒はやる気を失い、家庭でのサポートがほとんどないにもかかわらず良い成績を取るという、克服できないように見える挑戦に圧倒されてしまうかもしれません。

 

さらに、「誰も結果を気にしないのなら、頑張っても意味がない」と判断し、先生や仲間が決めた教育目標に努力することなく、不登校への道を歩む生徒もいるかもしれません。

 

結論として、生徒が学校で成功する(またはしない)要因はたくさんありますが、今日の若者の学業優秀性を促進するためには、合理的かつ有意義な期待を設定することがいかに重要であるかを、親が認識することが重要です。

 

学校での適切な行動のガイドラインを設定し、各学期を通じて継続的に励ますことで、生徒が教室の壁の内外で成功を収めることに集中できるようになります。

 

 

スポンサーリンク

子供を不登校にする母親の特徴とは?

 

子育ては大変な仕事です。

 

多くの母親が、自分の子どもにできるだけ良い生活をさせたいと思いながら、苦労しています。

 

その中で、最も議論を呼ぶ決断のひとつが、子供を学校に行かせないというものです。

 

この選択は状況によっては有益ですが、適切に行わなければ、子供と親の両方にとって不利益になる可能性もあります。

 

では、子どもを不登校にする母親には、どのような特徴があるのでしょうか。

 

まず、子どもを危険から守りたいという気持ちが強いことが挙げられます。

 

学校でのいじめから守りたい、悪い影響から守りたいなど、さまざまな思いがあります。

 

子どもを危険から遠ざけることは、理論的には良いことかもしれませんが、長い目で見ると社会性の発達に悪い影響を与える孤立を招く可能性があることを理解することが重要なのです。

 

また、起業家精神が旺盛なのも、こうした母親たちに共通する特徴です。

 

ホームスクールをきっかけに、テストや課題といった従来の学校教育に煩わされることなく、起業や新しい趣味を追求することができます。

 

ここで重要なのは、母親が子供にどんな活動をさせるにせよ、学習と有用なスキルの開発を伴うようにすることで、それが後の人生で報われるようにすることです。

 

これは、これまで成功したことがない人たちが、ホームスクーリングのような非伝統的な方法で成功するチャンスを与えられたときに、過去の失敗や挫折にもかかわらず成功できたという多くの研究によって証明されていることです。

 

学校での社会環境に対する保護者の理解不足

 

親と子の関係は、子供の社会的・学問的成功にとって最も重要な要素の一つです。

 

しかし残念ながら、親が子供の学校での社会環境について理解を示さない場合、子供とその仲間に深刻な影響を与えることがあります。

 

そのような結果のひとつが、不登校です。

 

そこで問題です。不登校は親の過度の甘やかしが原因なのでしょうか?

 

この問いに答えるためには、不登校につながる可能性のある親の過保護をさまざまな形で見ていく必要があります。

 

過保護主義は、生徒の不登校と関係があるとされる親の過保護の一形態である。親が子どもを過度に保護すると、学校に定期的に通うことの重要性を認識できなくなり、その代わりに子どもの安全や健康に対する恐れや心配から、子どもを学校に行かせないという選択をすることがあります。

 

これは、教育が生徒の将来の成功にとってどれほど重要であるかについて、複雑なメッセージを送ることになるため、有害となりえます。

 

不登校の原因となりうる親の過度の甘やかしのもう一つの形態は、規律問題に対する甘えです。

 

親が規律に甘いと、生徒がなぜ毎日学校に行くことが大切なのかを理解するために、出席規則を必要以上に厳しくしないことがあります。

 

その結果、授業に出なくても大丈夫と思い、授業をサボるようになる生徒も出てきます。

 

最後に、寛容な子育てスタイルも、生徒の不登校率の上昇に関係しています。

 

このような境界線がないと、生徒は適切な範囲を超えて自由だと感じてしまい、テストの点数が下がるなど、後々起こりうる影響をあまり考えずに授業をさぼる方向に進んでしまう可能性があるのです。

 

不登校の原因は親の甘やかしがすべてではありませんが、子どもたちが学業面で最大限の力を発揮できるよう、責任ある大人が見守らなければ、大きな負担となる場合があります。

 

スポンサーリンク



-LIFE, 不登校