当サイトは広告を含みます Uncategorized

千ラシ・千マリって一体なんのこと?簡単に解説!

 

鉄道ファンや交通マニアの方々にとって、幕張車両センターや習志野電車区という言葉は馴染み深いものかもしれません。

 

しかし、一般の方にとってはあまり聞き慣れない名称かもしれませんね。

 

そこで今回は、幕張車両センターと習志野電車区について、詳しくご紹介したいと思います。

 

どのような場所なのか、どのような役割を果たしているのか、そして「千ラシ・千マリ」という言葉の由来や意味についても解説していきます。

 

スポンサーリンク

「千ラシ・千マリ」ってなに?

 

気になる「千ラシ・千マリ」という言葉の由来や意味についてですが、まずは「千マリ」について。

 

「千マリ」とは?

 

これは幕張車両センターの所属略号として使われているのです。

 

具体的には、「千」というのは千葉支社を、「マリ」というのは幕張を意味しています。

 

これらの略号を組み合わせて、「千マリ」と呼ばれているのです。

 

歴史を振り返ると、幕張車両センターは1969年に開設されました。当時は幕張電車区という名前で、幕張地域の発展に合わせて建設されたものです。

 

そして、1987年の国鉄分割民営化によりJR東日本が継承し、幕張電車区は幕張車両センターに改称されました。

 

「千ラシ」とは?

 

そして「千ラシ」について。

 

これは習志野電車区の所属略号です。

 

習志野電車区は千葉県船橋市の津田沼駅近くに位置し、かつてJR東日本の車両基地として機能していました。

 

配置統合が行われた後、車両は三鷹電車区に転出し、習志野運輸区に仕業検査などの業務が移管され、電留線化されました。

 

まとめ

  • 幕張車両センターはJR東日本の管轄する車両基地で、千葉市花見川区の幕張本郷駅北側に位置している。
  • 幕張車両センターは建設費用約68億円かかり、電車406両、気動車10両、貨車16両が配置されている。
  • 幕張車両センターの所属略号は「千マリ」と呼ばれている。
  • 習志野電車区はかつての車両基地であり、「千ラシ」という略号が使われていた。
  • 幕張車両センターや習志野電車区の名称は、鉄道車両の分類や管理を容易にするために付けられたものである。

スポンサーリンク



-Uncategorized