当サイトは広告を含みます なぜ人気?

カヌレはなぜ人気?まずい・美味しさがわからないとの声の真相は?

 

フランスの伝統的なお菓子、カヌレ・ド・ボルドー。

 

その特徴的な形状と独特な味わいから、日本でも大人気のスイーツとなっています。

 

しかし、中には「まずい」「美味しさがわからない」という声も聞かれます

 

一体、カヌレの人気の秘密と、その美味しさに疑問を持つ声の真相は何なのでしょうか?

 

今回は、カヌレの魅力や評価、そしてその背後にある理由について深堀りしてみましょう。

スポンサーリンク

カヌレの魅力

 

カヌレが人気を集める理由の一つは、その独特な食感と風味にあります。

 

外側はカリッとした香ばしい焼き色がつき、中はしっとりとした柔らかさが広がります。

 

一口食べると、口の中に広がるバニラとラム酒の香りが豊かで、ほどよい甘さが心地よいのです。

 

また、その形状も愛らしく、インスタ映えする要素も多いため、SNS上でも話題となっています。

 

カヌレの人気の背景

 

カヌレの人気には、フランス・ボルドー地方の伝統的なお菓子としての背景があります。

 

ボルドー地方で修道女たちが作っていたと伝えられ、その歴史や伝統に触れることで、ヨーロッパの遠い地から伝わったお菓子という体験への魅力を感じる人が多いのです。

カヌレの美味しさがわからない人の理由

 

カヌレが美味しくないと感じる人も一部存在します。その理由を深堀りしてみましょう。

 

まず、カヌレの食感が好みではないと感じる人がいます。

 

外側の表面が硬く、中はしっとりとしているため、食感に違和感を感じる方もいるのかもしれません。

 

また、カヌレは焼きたてが一番美味しいとされていますが、うまく焼けていなかったり、時間が経ってしまったものは食感や風味が劣化してしまう可能性があります。

 

さらに、ラム酒の香りが苦手な人もいることも要因として考えられます。

 

カヌレの価格が高い理由

 

カヌレの値段が高い理由にも触れてみましょう。

 

カヌレは製造過程に手間暇がかかるため、その工程や材料費が価格に反映されています。

 

特殊な形状の型に手作業で生地を流し込み、丁寧に焼き上げる必要があります。

 

また、高品質な材料であるバニラビーンズやラム酒なども使用するため、それらの原価も高くなります。

スポンサーリンク

カヌレの進化と再ブーム

 

カヌレは一度ブームが起き、2010年代から再び注目を浴びています。

 

その再ブームの背景には、見た目やバリエーションの拡充があります。

 

カヌレがシンプルなデザインで流行した初期のブームから、今では外側の生地にデコレーションが施されたり、別の味がついたバリエーションも登場しています。

 

これによって、より多様なニーズに対応できるようになり、さらなる人気を獲得しました。

 

おすすめのカヌレのお店

 

カヌレを堪能するなら、おすすめのお店も知っておきたいですよね。

 

その中でも特に評価の高いお店をいくつかご紹介します。

 

まずは、大阪の梅田にある「ダニエル」。

 

種類豊富なカヌレが揃っており、アクセスも便利なため、多くの人々が行列を作って訪れます。

 

また、名古屋の「MEDI」や「シヤチル」、移動販売店の「TSUBOYA」、洋菓子店の「slow」や「patisserie Es-t」も人気があります。

 

これらのお店では、カヌレの味わいの変化や新しいフレーバーを楽しむことができます。

created by Rinker
欧風創作菓子 ふたば茶亭
¥3,024 (2024/02/18 11:44:01時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

  • カヌレはフランス・ボルドー地方の伝統的なお菓子で、形状や風味が特徴的。
  • カヌレの人気は、外はカリッと中はもっちりとした食感、上品な味わい、かわいい見た目などによる。
  • カヌレの人気の背景には、フランスの伝統と遠い体験への魅力がある。
  • カヌレがまずい・苦手と感じる人の理由は、食感や風味の好みの違い、うまく焼けていない場合や時間が経過したものの劣化などが考えられる。
  • カヌレの高い価格は、製造過程の手間暇と高価な材料費による。
  • カヌレの再ブームは、見た目やバリエーションの拡充による。
  • おすすめのカヌレのお店として「ダニエル」や名古屋の各店舗を紹介。
  • カヌレは個人の好みが分かれるスイーツであり、自身の味覚に合ったお店やフレーバーを選ぶことが重要。

 

スポンサーリンク



-なぜ人気?