雑記

コルシカ島の治安は?観光情報をまとめてご紹介

コルシカ島

2021年1月5日(火)16時05分~16時20分に放送の「世界ふれあい街歩き ちょっとお散歩」では、コルシカ島を紹介。

 

皆さんはコルシカ島をご存じでしょうか?

 

コルシカ島は、地中海の西部、イタリア半島の西の方にあるフランス領の島です。すぐ下はイタリアの島です。

 

大きさは広島県と同じくらいで、人口が約30万人。

 

ナポレオン生誕の島としても有名です。

 

そしてあの有名な「ファーブル昆虫記」のファーブルさんは、このコルシカ島で昆虫などの研究をしていたのだそうです。

 

この記事では、なるべく短い時間でコルシカ島の雰囲気や魅力がわかるように、実際に滞在している方々の声も含めてご紹介します。

 

※この記事は数分で読めます!

こんな方におすすめ

  • 長い記事は読みたくない
  • 小難しい説明は一切不要
  • そこまで歴史などには興味はない
  • ただ雰囲気だけ知りたい
  • 実際住んでいる人の声も聞きたい

 

それではいってみましょう~。

 

 

コルシカ島の雰囲気

素晴らしい街並みですね。

開放的な気分になれそうです。

コロナが治まったらぜひ滞在してみたいです。

 

やはり、島だけあった海も最高にきれいです。ワンちゃんも幸せそうです。

 

コルシカ島の治安は?

泥棒

さて、実際にコルシカ島に行ってみたい、となった時、まず気になるのが治安ですね。

 

このように実際に、「コルシカ島は治安が悪い」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるようですが、実際に行ったことのある方や、現地にお住まいの方の情報では「治安は良い」とのこと。

 

フランス人シェフを旦那さんに持ち、現地情報を発信していらっしゃるFufuさんによりますと

まあ、私の住んだ国や行った場所も色々なのであせるメキシコは言わずとも知れたでしょうが、首を絞められて財布を取られると聞いていたバルセロナや、コルシカの様にマフィアの聖地と思われているシシリア島、今やフランス1治安の悪いと言われるマルセイユ、試着室のミラーが回って連れ去られると聞いた香港。。。常に気をつけているのが日常になった私ですが、海外の中でもコルシカは本当に安全だなと思います。

 

前に日本からの友人ご夫婦がパン屋のカフェでカバンを忘れて、30分後にご夫婦のみで戻った時には走る人お客さんとお店の人がカバンを保護しておいてくれたと言うキラキラ泣海外では夢のようなお話もコルシカでは普通の事。

 

噂とは違い、かなり平和な場所のようですね。

 

Fufuさんのブログは、旅行者では知りえない生の情報が満載ですのでおすすめです➡Fufuさんのブログ「コルシカ島からBon appétit !

 

また別の方もこんな感じで仰ってます。

 

どんな場所でも100%安全ということはありませんから、このコルシカ島は諸外国の中でもかなり安全な部類に入るのではないでしょうか。

 

コルシカ島の物価

さて、実際に滞在するとなると気になるのが物価ですね。

 

当然観光地ですから、比較的お高いというのは想像付きますが、実際にはどれくらいなのでしょうか。

パリと一緒位とのことですが、実際に日本とパリの物価の差を見てみると、例えば外食費なんかは約1.5倍~2倍程度になるようです。

※日本とフランスの物価比較はこちらのサイトが非常に参考になります→「Mousouadvisor」

 

 

実際には、モノによる、とのことですが、やはり観光で行くとなると、それなりにはかかりますね。

コルシカ島の日本との時差とフライト時間

時差

さて、最後にコルシカ島と日本との時差、そしてフライト時間を見ていきましょう。

 

日本との時差:8時間(マイナス)➡(日本時間が夜20時であればコルシカ島はお昼の12時になります)

フライト時間:日本➡パリ(約12時間)➡コルシカ島(1時間30分)

 

コルシカ島の気候

天候

コルシカ島は地中海性の気候となっていまして、夏は暑くて比較的乾燥しており、冬は雨が多いようです。

平均気温は

中部の最大都市アジャクシオで平均最低気温3.9℃(1月)~平均最高気温27.7℃(8月)

ということで、年間を通して暑すぎることもなく、寒すぎることもなくといった感じです。

スポンサーリンク



-雑記